人間の3大欲求といえば、食欲、睡眠欲、性欲だといわれています。この3つは、結婚生活において切っても切り離せないもの。中でも夫婦不仲の深刻な問題になりがちなのが、3番目の性欲です。 

 婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合い現場に携わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、様々なテーマ別に考えてゆく連載。今回は、『こんな性癖、あんな性癖、ヘンな性癖』です。

性欲は夫婦間において深刻な問題だ(写真はイメージです)

一緒に寝ても何もしてこない男

 結婚相談所での出会いがきっかけとなり、美咲さん(36歳、仮名)は、正太郎さん(45歳、仮名)との結婚が決まりました。正太郎さんは、公務員で仕事も真面目、面白みはないですが実直な人柄でした。

 美咲さんは、2年前に離婚を経験しています。元夫は、口から先に生まれたようなお調子者で、美咲さんを喜ばせるようなことを言いますが、行動が伴わない。挙句の果てに浮気を繰り返し、それを責めると逆ギレをする人でした。

 正太郎さんは、そんな元夫とは正反対のタイプ。「結婚は、日々の生活ですから、真面目で誠実な人がいいです」と言って、結婚を決めたのでした。

 しかし先日、「ちょっとご相談があります」と、美咲さんから連絡が入りました。

 それが、こんな内容でした。

「真剣交際に入ってから気になってはいたんです。手もつないでこないし、何もしてこない。触れ合ったりすると、どんどん先に進んで行ってしまうし、結婚相談所には、“男女の関係は成婚とみなす”という規約があったから、真面目な正太郎さんは、それを守っているんだなと思っていたんです。

 ところが先日、2泊3日の旅行にはじめて出かけたんですね。そしたら、同じ部屋に寝ているのに、何もしてこなかった。ベッドも別々でした」

 女性から迫るのもどうかと思い、何もせずそのまま帰ってきたと言います。その旅行から美咲さんは、あれこれと考えてしまいました。

 自分に女性としての魅力がないのか。もしかしたら、女性とそういうことをするのが初めてで、やり方がわからないのか。それとも性欲自体がないのか。

「どうしたらいいでしょうか。これから夫婦になるのだから、これはとても大事なことだし、私は結婚したら子どもを授かって家族を築きたいんです」

 美咲さんからの相談に私は、「彼のプライドを傷つけないように、聞いてみたら?」と、アドバイスしました。

 すると数日後、彼女から連絡がきました。

「正太郎さんは、私と一緒にいろんな場所に出かけたり、美味しいものを食べたり、きれいな景色を見るのは楽しい。でも、そういうことには興味がないっていうんです」

 10年連れ添った夫婦ならまだしも、新婚同士。これでは、子どもも授からないでしょう。

 美咲さんは、ため息交じりに言いました。

「元夫は浮気を繰り返す男性で、それが原因で離婚しました。だけど、正太郎さんとこのまま結婚したら、今度は私が浮気しそうです。プロポーズは受けたけれどまだお互いの親にも会わせていないし、婚約を解消しようか悩んでいます」

キスから火がついた男

 さゆみさん(35歳、仮名)は、悟さん(35歳、仮名)とお見合い後、2か月の交際を経て、真剣交際に入りました。真剣交際に入ることを決意した時に、私にこんなことを言っていました。

「デートで『何が食べたいですか』と聞かれて、私が『美味しいピザが食べたい』『和食が食べたい』とその都度言うと、ネットでググって一生懸命にお店を探してくれたり、私が、『絶叫系の乗り物が好き』といえば、遊園地に行ってジェットコースターに乗ってくれたり、私のことを第一に考えてくれる人なんです。

 それに同い年だから、これまで流行っていたものや見てきたドラマや聴いてきた音楽が一緒で、すごく気が合う。きっと結婚したら仲のいい親友みたいな夫婦になれる気がするんです」

 こうして、結婚を前提の真剣交際に入り、デートの帰り際、彼の車の中で初めてのキスをしました。すると、そこから悟さんの“男の欲求”に火がついてしまいました。

「35歳って、いい年をした大人じゃないですか。10代のカップルでもあるまいし、私は、人が大勢いるところでイチャつくのは恥ずかしいんです。

 だけど、彼はどこでもおかまいなし。街中や電車の中でも、顔や身体をすり寄せてくるし、キスしてくるし、耳元で、『早く2人だけになれるところに行こうよ』とか囁いてくるし」

 さゆみさんは、その度に、周りの目が気になってしまったようです。

「あと、キスの仕方がヘンなんですよ。上唇と下唇で私の唇を挟み込むようにパクッとキスをする。まるで、鯉がエサを食べるみたいに。『そのキスの仕方、ヘンだよ』ともいえないし」

 最近は、デートの度にホテルに誘われるので、すっかりシラけてしまったとか。ホテルに行くどころか、真剣交際を終了にすべきかどうかを悩んでいます。

上り坂の女と枯れていく男

 智哉さん(50歳、仮名)はバツイチですが、一度目の結婚で子どもを授かりませんでした。

「どうしても子どもが欲しい」。家族を築くことが諦めきれずに、結婚相談所でお見合いをすることにしました。年収が900万円あり、見た目も若々しいので同世代の女性からは、お見合いの申し込みがありました。 

 しかし、20代や30代の女性は、50歳の男性とお見合いしたいとは思いません。たまにお見合いが組めることがあっても、お相手からはお断りが続いていました。

 そこで、50歳になったのをきっかけに“これ以上、時間は無駄にできない”と、国際結婚に切り替えたのです。ベトナムに渡ってお見合いをし、29歳のベトナム人の女性、ホウさん(仮名)との国際結婚を決めました。

 しかし、見た目や気持ちが若くても、身体は50歳。男性機能は年々衰えていきます。一方、29歳のホウさんは、これからが女盛り。相手にするのは、大変なことです。

 結婚して3か月がたった頃、お二人に会って食事をしたのですが、彼がトイレに立った時に、ホウさんが深刻な顔で私にこう言ってきました。

「夜の話ね、彼、年だからすぐにイッちゃう。そうすると、悔しいのか、私の内ももをツネるね。あと、やってる時、私のお尻叩くよ。日本の男性、みんなこうですか? 痛くてイヤね」

 答えに窮してしまいました。ツネるとか、叩くとか、それはその男性の性癖ではないか。でも、それを、彼女にどう伝えたらいいのか。

 私は、こう言いました。

「日本人の男性、みんなそうではないですよ。もしもイタくて嫌なら、それをちゃんと伝えたほうがいいわね。夫婦なんだから、ちゃんと話し合わないと」

 その後も、二人は別れずにうまくやっているようなので、この問題はなんとか解決したのでしょうか。それとも、ホウさんがガマンしているのでしょうか。夫婦生活は藪の中です。

 こんな性癖、あんな性癖、ヘンな性癖。人それぞれに個性があるように、性癖も十人十色です。

 夫婦が離婚する時の理由に“性の不一致”というのがあるくらいですから、こればかりは、侮れませんね。


鎌田れい(かまた・れい)◎婚活ライター・仲人 雑誌や書籍などでライターとして活躍していた経験から、婚活事業に興味を持つ。生涯未婚率の低下と少子化の防止をテーマに、婚活ナビ・恋愛指南・結婚相談など幅広く活躍中。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。公式サイト『あいかつハウス』http://aikatsuhouse.grupo.jp/