婚活をこじらせているのは、どんなタイプだと思いますか? 婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合い現場に携わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、様々なテーマ別に考えてゆく連載。今回は、『婚活こじらせ組について考える!』です。

婚活こじらせ組を反面教師に(写真はイメージです)

男性の職業が教員、血液型B型がNGな理由

 真知子さん(34歳、仮名)は、以前、大手の結婚相談所で出会い、おつきあいをしていた祐也さん(37歳、仮名)からプロポーズをされ、婚約をしました。ところが、それから数週間後、その話は破談になりました。祐也さんが、「結婚は取りやめにしたい」と言ってきたからです。

 理由は、親御さんの反対でした。祐也さんのご実家は、先祖代々の旧家で地元の名士。ご両親ともに名の通った大学を卒業されていました。祐也さんも有名私立大学を卒業後、公務員として働いていました。

「向こうの親御さんは、私の親の学歴が気に入らなかったみたいです。北海道出身の父は中学を卒業してから上京し、車の下請け工場に就職をして、18の時に同い歳の母と知り合い結婚したんです。父は、お酒もタバコもやらない。コツコツと働いて貯蓄して、私と弟を大学まで出してくれました。学歴はありませんが、私は父も母も誇りに思っています」

 と、真知子さん。そして、結婚を反対する親に抗うことができず、婚約破棄に同意した祐也さんにも、真知子さんはとても憤りを感じていました。

 その悔しさはわかります。私もこの話を聞いて今時、学歴で人を判断し、いい年をした息子の結婚を反対する親がいるのかと、呆れました。また、37歳にもなって親のいいなりになる息子も情けない。

 私は、真知子さんに言いました。

「そんなところにお嫁にいかなくて正解でしたよ。親の言うことには絶対服従の男性と結婚したら、一生苦労しますから」

 婚約破棄をされた悲しみから抜け出すためにも、新しいお見合いをどんどんすることを勧めました。素敵なお相手を探して、幸せな結婚をしてほしいと思っていました。

 真知子さんは、スタイルもよく美人さんでしたから、登録をするとたくさんのお申し込みがきました。ところが、一向にお見合いを受けようとしましせん。

「この40歳の男性は、受けてもいいんじゃないの?」

 私の言葉に真知子さんは、言いました。

「彼、公務員ですよね。婚約破棄された彼が公務員だったから、公務員の方は嫌なんです」

 さらに、こう続けました。

「それにB型。婚約破棄された男性がB型だったんですね。あと、どういうわけかこれまでもB型の男性には、嫌な思いをさせられてきた。B型の男性って優柔不断な人が多いんですよ」

 過去につらい経験、嫌な思いをすると、それが心の傷として残ります。ずっとそのことに囚われてしまう、いわゆる“トラウマ”となります。

 婚約破棄がどれだけ傷つく出来事だったのか。それはご本人にしか理解できないことです。ですが、彼と同じ職業、同じ血液型の男性を全てNGにしてしまうのは、出会いの幅を狭めてしまいます。

 血液型で性格分析をする人がいますが、そこに科学的根拠はありません。

 まずはお会いして、お人柄を見て判断する。会う前にシャッターを降ろして拒否してしまうのは、訪れるかもしれない幸運を自ら逃しているようなものです。

お見合いのリスケ、デート場所指定にイラッ!

 繭子さん(32歳、仮名)は、百貨店で接客業をしているだけあって、きちんと挨拶のできる、礼儀正しくて笑顔が魅力的な女性でした。

 お見合いもたくさん組めていましたし、お相手に対しての当たりもソフトでお話も上手でしたから、ほとんどのお見合いが“交際”へとつながっていきました。

 ところが、おつきあいが始まると、どうもそれが長続きしないのです。それまで謙虚だった姿勢を一転させ、「お断りでお願いします」と、繭子さんの方から言ってくるのです。

 彼女が “交際終了”をする時の理由は、「相手は私を軽く見ている」というものでした。

 たとえば週末にデートの約束をしていたのに、「その日は、緊急の仕事になったので延期してください」と言われると「私は、その日を空けて調整していたのに」と、語気を荒げる。「私は二番手なのではないか。本命がいて、その日は本命とデートをするのではないか」と、疑う。

 さらに先日は、こんな連絡がありました。お見合い後、交際に入り初めてのデートの約束をした後のこと。

「吉本さん(36歳、仮名)、お見合いしてからまだ一度もお会いしていないんですけど、交際終了にできませんか? ファーストコールをいただいて、デートの約束をしたのですが、場所が彼の職場の近くなんです。私、そこまで電車で1時間以上かるんですよ。どうして私を自分の方に呼びつけるのでしょうか?」

 よくよく話を聞くと、そこにはとても美味しい牡蠣料理の専門店があったからのようです。

「確かに私は牡蠣が好きだと言いましたよ。でも、最初のデートは、お互いの中間地点で会うべきではないですか? もしくは女性に気を使って、こちら寄りの場所まで来てくださってもよいのではないですか? 私を軽く見ていませんか?」

相手とうまく付き合えない人の特徴

 真知子さんにしろ、繭子さんにしろ、普段は物腰も柔らかで、礼儀正しい女性なのです。でも、自分の中に人を判断するマイルールがあって、そこに男性がハマらないと、その男性は恋愛相手、結婚相手から排除してしまう。

 それは、とてももったいないことだと思いませんか?

 20代の頃は、そこまで厳しいルールは作っていなかったのでしょう。それが恋愛経験を重ね、人生経験を重ねていくうちに、過去の苦い体験、つらい思いから、ルールを作ってしまう人がとても多い。

 よく“結婚するなら価値観が同じ人がいい”と言いますが、価値観が同じ人間は、存在するのでしょうか? 持って生まれた性格、育った環境が違えば、100人いたら、100通りの考え方や価値観があると思うのです。

 大切なのは、相手を受け入れる気持ちの器を大きくすること。つまらないこだわりやマイルールを捨てた方が、婚活はうまくいきますよ。


鎌田れい(かまた・れい)◎婚活ライター・仲人 雑誌や書籍などでライターとして活躍していた経験から、婚活事業に興味を持つ。生涯未婚率の低下と少子化の防止をテーマに、婚活ナビ・恋愛指南・結婚相談など幅広く活躍中。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。公式サイト『あいかつハウス』http://aikatsuhouse.grupo.jp/