結婚するお相手の希望年齢は、男女では大きく食い違います。男性は年を重ねるほどに若い女性との年の差婚を求め、女性は年を重ねるほどになるべく年の近い人、もしくは年下婚を望む人が多くなる傾向にあります。 
 婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合い現場に携わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、様々なテーマ別に考えてゆく連載。今回は『年の差婚、年近婚、年下婚を望む心理と、それを可能にする方法』について考えます。

写真はイメージです

年収4000万円、初婚、54歳、子どもが欲しい

 お見合い婚活を始めたばかりの方たちは、男性の場合はなるべく年齢が若い女性を、女性の場合は自分の年齢に近いか、もしくは年下の男性を希望します。

 なぜそうなるのかといえば、“子どもを授かりたいから”です。

 男性は、子どもが産める女性の年齢に幅をもたせたいので、できるだけ若い女性がよい。女性は、一家の稼ぎ頭になる父親はなるべく長い間働いてほしいので、やはり若い方がよい。

 ここで、男女双方の希望する年齢のベクトルが、すれ違うのです。

 こんな問い合わせがありました。

「54歳ですが、年収は4000万円ほどあります。初婚です。子どもが欲しいので、20代、30代の女性と結婚を希望していますが、お見合いできますか?」

 お会いしてみると、54歳にはとても見えない若々しい開業医でした。秀雄さん(仮名)とおっしゃるその男性は、年収もあるし見た目も素敵。しかし、54歳という年齢なのです。

 私は、秀雄さんにいいました。

「仲人をしている経験則から申し上げますと、20代、30代の女性たちの多くは、年収は飛び抜けて多くなくてもいいから、なるべく年齢の近い男性と結婚したいと考えているんですよ。もちろん中には、年収に魅力を感じる女性もいますが、それは少数派です。お見合いを組むのは、とても難しいのが現状ですよ」

 秀雄さんのような高収入ではなくとも、一般的な年収の50代の男性が20代、30代の女性にお申し込みをかけてきたりすることがあります。また、年金生活をしている60代、70代の男性が、30代にお申し込みをかけてきたりすることもあるのです。

 “親子ほど年の離れた相手には、お見合いの申し込みをしてはいけない”というルールはないですし、誰に申し込むのも、それは自由です。ならば“ダメ元で”と思うのでしょうか。“ダメ元”の結果は、当然“ダメ”で、そうしたお申し込みが受諾されて、お見合いが成立したことはありません。

最後のチャンスに子どもが欲しい

 美容関係の仕事をしている初江さん(45歳、仮名)は、10歳は若く見える美人さんでした。スタイルもよく服装もおしゃれで、洗練されていました。

 登録すると、50代の男性からたくさんのお申し込みがきました。ところがまったく受けようとしません。そして、ご自身で申し込みをかけるのは、30代後半から45歳までの男性。でも、そうした申し込みは、まず受諾されません。

 あるとき、51歳、年収1100万円の国家公務員の男性からの申し込みがありました。

「この方、年収もいいし、国家公務員なら仕事も安定しているし、条件がいい方だから、お会いしてみたら?」

 こう言う私に、初江さんは言いました。

「51歳というのは、私には年上すぎます」

 6歳の年齢差を、“年上すぎる”と言うのです。

 そして、初江さんが年下男性と結婚をしたいと思っているのには、理由がありました。

「どうしても子どもを産みたい!」

 ですが、“結婚して子どもを授かりたい”と願っている男性たちは、女性の年齢の上限を30代で区切っています。

 近年、晩婚化が進み、不妊治療をするご夫婦も増えてきました。また、厚生労働省が定めている不妊治療の公費助成は42歳までですが、多くの男性は、女性が40歳を過ぎたら出産は難しいと考えているのです。

 もちろん40代になって、元気な赤ちゃんを出産している女性はいらっしゃるので、こればかりは本当に個人差なのですが……。

年の差婚を可能にする方法とは?

 お見合い相手を選ぶときに、多くの男性は年齢だけでなく女性の見た目にもこだわります。女性は、年齢、見た目に加えて年収にもこだわります。うんと高い年収はいらないけれど、平均よりも上回る年収の男性を求めるのです。

 なので、年の差婚の可能性を広げたいなら、男性の場合は固執するのは年齢だけにして、見た目にはこだわらない。女性の場合も固執するのは年齢だけにして、見た目や年収にこだわらないようにする。そうすれば年の差婚の可能性を広げることができます。

「いやいやいや、結婚してひとつ屋根の下に暮らすのだから、見た目や年収は譲れないでしょう」

 こうおっしゃるなら、ご自身の力でお相手を獲得することを考えてください。コミ力を磨いて、ぜひ婚活パーティへの参加をお勧めします。

 昨年の3月、私の相談所の31歳男性、和夫(仮名)さんが、ある婚活パーティに参加をして39歳の女性、響子さん(仮名)とマッチングしました。そのパーティは年齢を公表しないパーティだったので、翌日、女性のお仲人さんから電話がかかってきました。

「プロフィールをみたら、ウチの女性は8歳も年上でしょう? マッチングしてますけど、お断りしていただいてもいいですよ」

 そのことを伝えると、和夫さんは言いました。

「8歳上だというのは知っていましたよ。パーティで話をしたときに、お互いの年齢を明かしたので。僕は、年上でも全然、気にしません。とにかく話をしていて楽しかったし、よく笑う元気な女性だったので、これからもお付き合いしてみたいなと思っています」

 そして、この2人はなんと3か月後には、結婚を決めたのです。

 2年くらい前の横浜で開かれたパーティでは、57歳の女性と47歳の男性がカップリングして結婚したという話も聞きました。

 また、前出の年収4000万円、54歳の男性は、男性の職業が医者限定というパーティに参加し、34歳の女性とカップリングして、もうじき婚約しそうな勢いです。

 プロフィールだけですと、そこに記述されていることがその方のすべての情報となります。しかし、パーティで直接お会いしてお人柄のよさに触れると、年齢、年収、見た目などの条件など気にならなくなることもあるのです。

 年の差婚を希望しているなら、まず磨くべきはコミュニケーション能力なのですよ。


鎌田れい(かまた・れい)◎婚活ライター・仲人 雑誌や書籍などでライターとして活躍していた経験から、婚活事業に興味を持つ。生涯未婚率の低下と少子化の防止をテーマに、婚活ナビ・恋愛指南・結婚相談など幅広く活躍中。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。公式サイト『あいかつハウス』http://aikatsuhouse.grupo.jp/