近藤真彦

 山下智久の「ジャニーズ脱退」に世間が揺れるなか、それを吹きとばすようなとんでもないニュースが飛び込んできた。

《近藤真彦(56)  25歳下「美人社長」を略奪5年不倫》

 ジャニーズ最年長、“事務所の長男” マッチがまさかの不倫! 1994年に一般女性と結婚、不妊治療を経て2007年にようやく男児をもうけた過去があっただけに、驚きも増すばかり。

 記事によれば、お相手は2015年の3月に知り合ったオーダースーツの会社を経営する女性・A子さん(当時は会社員)。一部上場企業の社長を通じて知り合った26歳の“ジャニーズ好き”で、KAT-TUN・中丸雄一のファンだったのだそう。彼女はマッチに初めて会ったときのことをツイッターに投稿していたという。

《大好きな某事務所の大御所の方とご飯会だったけど、最後の最後でその人の正体がわかったとゆー、、泣 うちはかなりのミーハーなのに気づかないとゆう…泣 でもほんとかっこよかった(ハート) さすが大好きなJ事務所》

 本人も自覚している通り、文面から漂うは堂々たるミーハー感。同時に、簡単にSNSでつぶやいてしまうノリの軽さも見受けられよう。

“マッチさんの威厳”

 しかしながら、当時26歳という彼女の年齢を考えるに、カーレースにのめりこんでほぼ芸能活動を休止していた近藤真彦に一目で気づけなかったのはある意味、当然のことなのかもしれない。

 出会って3ヶ月。マッチはA子さんに「出会ったころから好きだった」と告白。交際中はLINEアカウントを消して新規登録させ「他の誰のものにもならないでほしい」と束縛していたのだという。あからさまなギンギラギンぶりである。

 5年間におよぶ赤裸々な交際をつぶさに書かれてしまったわけだが、25歳年下の、“自分の存在に気づきもしなかった”女性をどのようにオトしたのかについて具体的には書かれてはいない。だが、記述から匂ってくるのは、彼が周囲に対して“マッチさんの威厳”をいかんなく示していたことだ。

 出会って半年ほど経った2015年10月、84歳になるジャニー喜多川さん(享年87)  の誕生日会に招待されたA子さんについて、知人女性はこう証言している。

《誕生日会はマッチさんが主催。タレントが百名ほど集まった。マッチさんに呼ばれていたA子は、亀梨(和也)さんに『マッチさんに馴れ馴れしい』と怒られたそうです》

 現場には東山紀之や嵐のメンバーもそろっていたらしいが、女性同伴、しかも赤の他人を連れてこれるなんて“マッチさん”を差し置いてほかにいるのだろうか。亀梨がA子さんを咎めたことからも、「誰だかよくわからない女がいる」異質な空間だったことを察することができるが、それが“マッチの意中の相手”だと知っていたら、亀梨もそんな発言はできなかっただろう(逆にどれだけ慕われているかを示すために裏で指示したマッチポンプだとしたら、そっちの方が面白いが)。

中居正広の“すべらない話”で描かれたマッチ

 誕生日会の翌月、滝沢秀明はラジオで「あの日のマッチ」について以下のような裏話を披露している。

 会の1ヶ月前、幹事・中山優馬のサポート役を務めていたタッキー。直々にマッチをお誘いしたところ、「あぁ、行く行く〜!」と快諾を得たようなのだが、その軽いトーンが逆に心配だったようで、

《このパターン絶対来ないよ~、と思っていて。でも、あんまり催促するのも失礼だし、その言葉信じるしかねぇな~と。そしたら当日、もう一番に来てくれて。“早っ!”と思って》((『タッキーの滝沢電波城』2015年11月7日放送))

 一番先輩が会場に一番乗り。かなりの気合いの入れようだったことがわかる。続々とやってきた後輩たちも先にマッチさんがいらっしゃるもんだから、焦って挨拶に向かったことだろう。

 後日談はほかにも──。

 この会にはあの中居正広も参加していたようで、初出演の『人志松本のすべらない話』(2016年1月9日放送)でその時のエピソードを披露している。キレキレの話術から繰り出されるすべらない話を文字に起こすのは気がひけるが、概要はこうだ。

 当日、ジャニーさんやマッチ、ヒガシら幹部クラスが座る上座に、小学生くらいのジャニーズJr,と思しき少年が平然と座って食事をしているのを見つけた中居。その不遜(そん)な態度と自分に対して挨拶がないことに腹を立て、その少年を睨みつけていたところ、マッチがやってきて、

「お前どうしたんだよ中居、イライラしてんなよこんな所で。無礼講なんだからさ、ガチャガチャすんじゃねーよ。ジャニーの誕生日なんだからよぉ〜」

 と制されたという。中居が「一番端のガキ、なんであっち座るのかなって」と少年への不満をぶつけたところ、返ってきたのは一言。「俺の息子」。逆に中居が挨拶に伺うことになった、というオチだ。

 当時は面白く聞けていたこの話も、『文春』報道を照らし合わせれば、“愛人と息子を同席”させていたということになり、まるで笑えない。

木村拓哉と飯行ってくれない? の真意

 このように、マッチはジャニーズが好きなA子さんの前で、事務所内における「圧倒的な立場」と「後輩との関係性」を見せつけたくて彼女を呼んだのではないだろうか。知っているジャニタレと比較して自分のポジションを実際に見てもらうのが一番話が早い、と判断したのかもしれない。中丸が飲み会の席で吊し上げられなかったか心配だ。

 さらに、“後輩たちを率いる俺”をみせたかったのだろうと思われるもうひとつの点が、前述のA子さんの知人の証言ではこの誕生日会が「マッチさん主催」となっているところだ。しかし、滝沢は自らマッチを誘ったというし、中居も「滝沢が仕切り」との趣旨の発言をしており、どうも話が食い違う。

 ここで浮かび上がってくるのは、マッチがA子さんに対して「俺が幹事」と吹いていたのではないかという疑惑だ。“誘われる幹事”とはこれいかに……。会場に一番にきていたのもそれが理由か? といった邪推まで浮かんできてしまう。

 また、『文春』には同年11月に、解散前のSMAPについてA子さんに相談をしていたとの記述もある。マッチの発言を引用したい。

《SMAPは仲良くなくて、木村(拓哉)が意地悪されているみたい。ジャニーの誕生日会も、中居とかが木村に教えてなかった。今後、木村と一緒に飯に行ってくれない?》

 唐突な飯。そんなことされても、キムタクからすれば「ちょ、誰だよ」であろう。マッチさんの女ともなればめちゃくちゃ気を遣うに決まっとろう。

「俺は先輩として木村を心配しているし、頼りにされている俺が呼べば木村は飯にくる」そんなアピールにしか思えない。ここでもジャニーズ力学を匂わせてくるのだ。後輩のふんどしで相撲を取るようなものか。

 何はともあれ、文春記者によるA子さんをご存知ですか? の問いに「いや無理無理無理無理」と逃げ出したことだけは、どう考えてもカッコ悪い。

〈皿乃まる美・コラムニスト〉