ミスター慶応出場当時の渡辺陽太容疑者(本人ツイッターより)、光山和希容疑者(本人フェイスブックより)

 元慶応大学の“強姦コンビ”による犯行がまた、発覚した。

 昨年3月、同じ女性に別々に暴行を加えたとして、埼玉県警大宮署は11月21日、渡辺陽太(ようた)容疑者(24)と光山(こうやま)和希容疑者(24)を強制性交の疑いで逮捕。

渡辺容疑者は6回、光山容疑者は2回目の逮捕

「2人は深夜、JR大宮駅付近で20代女性に声をかけてカラオケ店に入った。そこでまず渡辺が強姦し、その後、光山が女性の腕を引っ張ってインターネットカフェへ連れ込み、レイプした」(テレビ局記者)

 容疑者らは調べに対し当初、「弁護士が来るまで何も話さない」と無言を貫いていた。

 慶応義塾大学時代からの友人である2人は、過去にも同様の事件で逮捕されている。

「2018年11月、2人は酒に酔わせた女性にわいせつ行為をしたあげくに財布を盗み、逮捕されています。

 それだけではなく、渡辺容疑者は同年9月にも、路上で見つけた泥酔状態の女子大生を凌辱したうえ、女性の腹を蹴って現行犯逮捕。本人に犯行の意識はなく、なぜ逮捕されたか理解できていなかったそう」(前出・テレビ局記者)

 今回の事件で渡辺容疑者は少なくとも6回、光山容疑者は2回目の逮捕となった。

 渡辺容疑者は在学中の2016年、「ミスター慶応」コンテストでファイナリストまで残ったほどのイケメン。実家は千葉県で土建業を営む大富豪で、当時は元麻布にある家賃100万円ほどの高級マンションに住んでいた。

「実家の子会社で社長に就任し、何もしなくても多額の金が入っていた。昔から素行が悪く、高校は3か月で退学。その後、留学したスイスでも女性問題を起こした。

 2年前の逮捕では被害者の告発が噴出し、身体の関係を拒んだ女性が暴力をふるわれたといった話が大量に報じられた。泥酔する女性に放尿する動画も公開していた」(同)

 これだけ卑劣な行いをしてきた容疑者らだが、

「昨年1月にはいずれの容疑も不起訴となっています。理由は明らかにされていませんが、裕福な渡辺容疑者の実家が、被害者に対し莫大な示談金を支払ったのではないかと考えられます」(司法担当記者)

 今回の事件は不起訴が決まった2か月後の犯行。反省の色はまったく見えないが、最近はどうしていたのか。

 無職となった渡辺容疑者は、千葉県にある父親の経営する会社の社員寮で暮らしていた。

「1か月くらい前の早朝、ベランダで洗濯物を干す姿を見かけましたよ」(近隣住民)

 2年前に逮捕されたときは派手な金髪だったが、今回の逮捕時は黒髪のショートヘアで落ち着いた雰囲気だった。

渡辺容疑者の住む社員寮は築14年で1K、家賃6万円ほどの安アパート

光山容疑者の母は「騙されたとしか思えない!」

 光山容疑者はどうか。栃木県にある実家を訪ねると……。

「騙されたとしか思えない!」

 息子の無実をそう信じているという母親。「どうしても息子寄りの意見になるからそのまま正解とは思わない」と前置きし、言い分を明かす。

「確かに大宮にはいたようですが、息子はレイプはしていないと言っています」

 逮捕事実を警察から知らされたとき、光山容疑者は犯行を認識していなかったようで、

「時系列に沿って説明されても、思い出せない。詳しく聞いてやっと、“え、あのときの!?”と驚いていました」

 そんなこと、ありうるのだろうか。母親が続ける。

「女性を悪く言うわけではありませんが、渡辺くんを利用して商売をする人がいる。確かに2人は遊んでいたかもしれないが、示談金狙いで近づかないでほしい」

 示談金については、

「金額はわかりませんが、息子が自分で負担しています。うちは過去に事業で失敗したことがあり、生きるか死ぬかの生活。貯金もゼロで、示談金なんて支払えません」

 最近は、東京の知り合いのもとで販売の仕事をしていたという光山容疑者だが、

「やっと最近、“貯めたお金で旅行に連れていくね”と言ってくれた矢先の逮捕でした」

 渡辺容疑者との関係性については、

「初めの逮捕で誰も(渡辺容疑者に)寄りつかなくなってしまい、“俺しかいないから”と話していました。基本的には優しくて、踊らされるとピエロを演じてしまう子」

 憔悴しながらも、絞り出すように言葉を紡ぐ母親。

渡辺家の祖父は「関係ないだろ、バカ野郎!」

 ハメられたなんてことはありうるのか。渡辺家の家長である祖父にも尋ねたが、

「もう出てこれないよ、この人(渡辺容疑者)は」

 と刑務所行きを確信したように切り捨てる。食い下がって意見を求めるも、

「関係ないだろ、バカ野郎!」

誰もが羨むキャンパスライフを送ったが、今やドン底(アベマTVより)

 2人はなぜこうも犯行を繰り返すのか。新潟青陵大学大学院の碓井真史(うすい・まふみ)教授(犯罪心理学)によると、

「渡辺容疑者には“女性はレイプされることを望んでいる”といった認知の歪みがあるように感じます。金持ちで容姿もよく拒絶された経験が少ないのでしょう。常識としてのブレーキがきかず、なぜ犯罪になるのかも理解できない」

 更生していくためには、

「カウンセリングでじっくり考えさせて、このままではいけないと気づかせることが必要です。再犯を防ぎ、新たな被害を出さないことが大切」

 光山容疑者については、

「犯罪者には気の弱いタイプもいます。友人を失うのが怖い、言われたら断れない心理を利用されて、共犯者になる。怖くて徐々に“自分は悪くない”と思い込む。思考がマヒしているので、何が悪いのかを丁寧に伝えることです」

 悪い関係を断ち、犯した罪に向き合わなければ、今後も同じ過ちを繰り返す。