これからの季節、ウイルス、細菌から身を守るには? イラスト/きくちもも

 お口は、身体への入り口であるとともに、健康を守る第一関門――。いま、かつてないほど口腔ケアと感染対策の関係が注目されています。

 折しも、せきや喉の痛み、鼻水に悩まされる風邪の季節。つらいときには、口を潤すためにキャンディを口にするという人もいるかもしれません。しかも今年は新型コロナウイルス感染症が流行。ひときわ風邪やインフルエンザに過敏になるのは自然なことです。

 まさかの<あめちゃん>が感染予防に?

 そんなキャンディが単に口腔内を潤してくれるだけではないという研究が紹介されました。なんと感染対策にとって、キャンディが良い影響を持っているのではと言うのです。

 中でも、切り札となる成分として挙げられているのが、“DOMACドゥーマック”(アロマ成分複合体)という成分。最新研究で感染予防の可能性が明らかになりました。

 こちらでは、その内容を研究結果を踏まえ読者の皆さんだけにこっそりお教えしたいと思います!

唾液の中の免疫物質“IgAアイジーエー”と洗浄効果がウイルスを防いでくれる!

 まず皆さん、唾液は健康にメリットのある成分が含まれているのをご存じでしたか? 唾液の99%は水分ですが、残り1%には100種類以上の成分が含まれており、その中に“IgAアイジーエー”と呼ばれる免疫物質が含まれているのです。

 この“IgAアイジーエー”、細菌やウイルスにくっつくことで粘膜への付着を防ぐ働きがあることがわかってきています。東京歯科大学教授の上田貴之先生によると、

「細菌やウイルスが口腔内に侵入しても、“IgAアイジーエー”がウイルスの受容体となる粘膜への付着を防ぐのです。さらに、唾液の水分が洗い流してくれます」

作図:オーラルウェルネス推進委員会

 粘膜への付着を阻止されたウイルスや細菌は、唾液で洗い流すことで脅威はなくなるそう。

 つまり、口腔内の唾液は感染から身体を守る第一関門であるということ!

IgAアイジーエー”を増やすのは「“DOMACドゥーマック”入りキャンディ」

 口は全身の健康の要ーー。

 口腔内を健康な状態に保ち、全身の健康も図っていく「オーラルウェルネス」 の研究と発信を目指して設立されたのがオーラルウェルネス推進委員会です。

 唾液に注目した同委員会は、キャンディをなめることによって唾液中の“IgAアイジーエー”の量の変化について調べました。

 20人の男性を集めて、5分間、キャンディをなめた時となめずに安静にしていた場合に分けて、その10秒後の口腔内の“IgAアイジーエー”の量を測定しました。キャンディは2タイプを用意。片方は一般的なキャンディであるのに対して、もう片方は先に紹介している“DOMACドゥーマック”という成分を含んだものを試してもらいました。 

 すると、“IgAアイジーエー”の量は、キャンディをなめなかった場合に比べて、キャンディをなめた時の方が統計的な有意差をもって上昇することを確認できました。しかも、“DOMACドゥーマック”を成分に含んだキャンディのときには、さらに増加することも認められたのです。

試験の詳細はコチラ

 この“DOMACドゥーマック”とは? デカン酸(D)、オリゴノール(O)、メチルセルロース(M)、アクア(A)、シナモン、シトラール(C)など口腔ケア成分を配合したアロマ成分複合体です。デカン酸には抗真菌作用、オリゴノール、シナモンには抗真菌、抗ウイルス作用などが確認されており、口腔の健康に大きな役割を果たすことが期待されています。

細菌など汚れの塊「舌苔ぜったい」対策にも“DOMACドゥーマック

 ところで皆さん、舌苔ぜったいって聞いたことはありますか?

 舌の上の白い汚れを舌苔といいますが、これは細菌や食べカスなど汚れの塊で口臭の原因にもなってしまうのです。

 上田先生らの研究によると、舌苔が多い=口腔内の微生物が多い状態なのだそう。

「口腔内細菌の増加で先の“IgAアイジーエー” などの免疫物質を無駄に“消費”することになり、感染増加のリスクになります」(上田先生)

 つまり、舌苔を減らすことが感染リスクの低減につながることになりそうです。

 ここでも活躍するのは“DOMACドゥーマック” です。

 上田先生が日本老年歯科医学会学術大会(2020年11月)で公表した研究によると、“DOMACドゥーマック”配合タブレットを7日間摂取すると、「舌苔を減少させる」「舌表面の微生物を減らす」ことがわかりました。

 つまり“DOMACドゥーマック”入りキャンディの摂取は口腔内の“IgAアイジーエー”濃度を増加し、口腔内細菌を減少させ、感染のリスク低減につながる可能性がありそうです。

ウイルスの侵入を手助けする“セリンプロテアーゼ”に注意!

 帝京大学医真菌研究センター客員教授、薬学博士の安部茂先生はこう話します。「20年間、アロマ成分の抗菌力を研究してきました。その中で出てきたのが“DOMACドゥーマック”。口腔や喉などへの感染を水際で守る可能性があります」

 安部先生がポイントとみるのが、ウイルスが粘膜細胞に侵入するプロセスです。「風邪やインフルエンザなどの感染症においてウイルスが細胞へと侵入する際には、粘膜細胞にある『セリンプロテアーゼ』という酵素によって活性化されることで侵入しやすくなる仕組みがあります。ですからセリンプロテアーゼの働きを止めることで、感染の抑制が期待できるのです」(安部先生)

作図:安部茂先生

 例えていうなら、悪いやつが家の窓から侵入するのを手助けしてくれるような役割があるようです。

セリンプロテアーゼがウイルスの悪事を手助け! イラスト/きくちもも

 “セリンプロテアーゼ”は、舌表面の舌苔に多いことが研究でわかってきています。

 また「舌苔ぜったい」が多い状態の人は、免疫力が弱い傾向にあるようです。

実験で“DOMACドゥーマック”入りキャンディがセリンプロテアーゼの活性を抑制

 安部先生は“DOMACドゥーマック”にはこのプロテアーゼの活性を抑える効果があることを実験で確認しました。

 2種のセリンプロテアーゼ(トリプシン・プロテイナーゼK)について、① プラセボ(偽薬)、② “DOMACドゥーマック”入りキャンディ、③ 一般ののど飴で比較したところ、②“DOMACドゥーマック”入りキャンディに“セリンプロテアーゼ”の活性を抑制する作用があることがわかりました。

■ “セリンプロテアーゼ”(トリプシン)の試験結果

■ “セリンプロテアーゼ”(プロテイナーゼK)の試験結果

試験の詳細はコチラ

 “DOMACドゥーマック”の「O」であるオリゴノール、「C」であるシナモン、シトラールの抗炎症作用が寄与していると考えられます。

 感染症予防において、口腔ケア、とりわけ“DOMACドゥーマック”入りキャンディをなめることの効果がまたも確認されたといえるでしょう。

気になるシチュエーションで場所を選ばず手軽に予防できるキャンディの可能性

会議、通勤通学、買い物など気になるシチュエーションでキャンディを イラスト/きくちもも

 “IgAアイジーエー”や“セリンプロテアーゼ”などとの関係から見ると、“DOMACドゥーマック”入りキャンディは感染予防対策の一つして有効な可能性があるといえそうです。

 前出の上田先生によると、「キャンディをなめることは日常的にも行いやすく、マスクをしながらでもできるという利点があります。感染が気になるシチュエーションでなめることで予防が期待できるといえるでしょう」

 気温、湿度ともに下がり冬本番!

 感染に気をつけたいこれからの季節、手洗い・うがい・マスクに加え人の往来するオフィス内や、通勤通学での電車やバスの車内、不特定多数が集まる商業施設など、気になるシチュエーションでは、手軽で場所を選ばないキャンディをなめてみてはいかがでしょうか。

オーラルウェルネス推進委員会  https://oral-wellness.jp/