木村拓哉と工藤静香(2006年)

「結婚します。入籍はまだです。(オメデタという話は)事実です。(工藤静香からは)“授かったよ”と。(パパになる気持ちは)それはなってみないとわからないです」

 2000年11月13日、自身の誕生日に即席の結婚会見を開いた木村拓哉。人気絶頂期のスーパースター「キムタク」が“できちゃった婚”とあって、芸能界全体を巻き込む大騒動となったのだが、本人は少々照れながらも「幸せです」と堂々の報告。後の12月5日に工藤静香と入籍したのだった。

 そう、2020年12月5日に2人は結婚20周年を迎えたのだ。この日、静香は自身のインスタグラムを更新し、

《今日は朝からファンの皆様が作ってくださったビデオや写真を見て泣いてしまいました 素敵なビデオ、写真、メッセージありがとうございました》

 と、結婚記念日を祝ってくれたファンクラブ会員への感謝を綴(つづ)った。彼女にとっては、うれしくも苦しくもあった20年間だったことだろう。懐かしそうにスポーツ紙芸能デスクが解説する。

「キムタクと静香さんの出会いは、友人の酒井法子らサーフィン仲間の集いがきっかけで自然と交際がスタートしました。キムタクは“かおりん”、静香は『XJAPAN』のYOSHIKIや、元『光GENJI』の諸星和巳らと別れた後とされています。すでに20代後半を迎えていた彼女ですが、かねてから“30歳までには結婚して、子どもを産みたい”と話していましたから、キムタクと出会った時点で結婚を意識したと思いますよ」

静香と「今すぐキスをしよう」

 一方の木村も、SMAPとしてデビューする前から静香の熱烈なファンだったとも。

「2人が唯一共演したのは1997年の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で、デュエットを披露したのが最初で最後。静香さんと石橋貴明さんのユニット『Little Kiss』の『A.S.A.P』を歌ったのですが、“今すぐ、さあキスをしよう”と何度も視線を交わし合ってハモっていたのが印象的でした。ステージ上では冷静さを保っていた木村さんですが、なんでも収録後は“やべぇよ!”と興奮気味に話していたそう(笑)」(テレビ局関係者)

 入籍後の木村は住んでいたマンションを出て、都内の高級住宅街にあった静香の実家に居を移す。つまりは“マスオさん”になったワケだが、この頃には両親とは距離が離れていったようだ。

「木村さんのお父さんは厳格な方で、“デキ婚”をして“婿”になった長男に納得がいかなかったのかもしれません。一方のお母さんはというと、レストラン経営を始めたり、講演活動で全国を回るようになり、千葉県の実家にはお父さんと愛犬・ボニータが残る形に。この家も数年前に手放したことで、木村家は“離散”状態だと言います」(芸能リポーター)

 一方、夫婦には2001年5月に長女・心美(Cocomi)、2003年2月に次女・光希(Koki,)が誕生。そして2007年には、静香の実家とほど近い広大な敷地に当時10億円とも言われた大豪邸を建てたのだ。愛する家族と豪邸、順風満帆な生活に不満などあるはずがなかろう。と、思いきや、ビッグカップルならではの苦悩があったようだ。木村家を知る芸能関係者が明かす。

「結婚後は仕事をセーブして育児中心の生活を送っていた静香さんですが、木村さんは変わらず現役バリバリのアイドルだけに、家族の存在を匂わすことはNG。娘たちがプレスクールに通い始めると静香さんにママ友もできたようですが、夫自慢などできるはずもなく、“ウチは普通よ〜”などと当たり障りのないことしか言えなかったみたい。どこから情報が漏れて記事にされるかわかりませんからね。

 そのため、彼女が家庭や育児の相談ができるのは実母、古くからの担当マネージャー、そしてごく数人の親友だけだったとか。シッターさんも雇ってはいましたが、当然ながら“箝口令”を敷いていたことでしょう。話せないことは、相当のストレスがあったと思います」

日本中から悲鳴が上がった伝説の“でき婚”会見(2000年)。緊張した面持ちの木村

 “内助の功”もあり、木村の人気が下がることはなかった。が、秘密主義を貫き続けた弊害か、ネット上で家族のあらぬ噂も飛び交うように。特に夫婦が我慢ならなかったのが、娘たちに関する根も葉もない話。

“先天性の病気を患っている”などといった、誹謗中傷と捉えられるようなひどい書き込みですよ。また、実際にそれを信じてしまう人が多かったこと。

 その結果、“治療のために、静岡県や群馬県内の病院に通っていて、そのために別宅を地方で購入している”と、全国各地に“キムタクの家”があるとされたのです(苦笑)」(前出・芸能関係者)

 家族を“見守ってきた”『週刊女性』としては、別宅情報に関しては取材しないわけにはいかず、かくいう記者も“キムタクの家”探しに出向いたことがある。

 ファミリーで通う海水浴場やゴルフ場から、車を使えばさほど遠くはない場所にあった千葉県の高級住宅街。そしてたどり着いたのが、地域に住む住民も「あそこがキムタクの家ですよ」と認識する洒落た豪邸。しかし、調べてみると、実際のところはまったく別人の家。数年後に再度、別ルートから情報を入手して取材を進めたところ、またも同じ家にたどり着いて苦笑いするしかなかった。

 この噂に対し、木村がはっきりと言及したことがある。2015年11月に放送された『スマスマ』で《木村拓哉の都市伝説》が検証されたのだ。香取慎吾の「関東に別荘が20か所ある」という問いに、「ウソです。あるワケないです」と否定。自身も地方のコンビニで「あそこ、キムタクんち」と教えられた経験を明かし、「(噂が)すげえことになってんな」と苦笑いしたのだそう。

女性スキャンダルを張り込み

 そして、この20年、写真誌をはじめとする張り込み取材班が“お手上げ”になったのがーー。木村は結婚から今にいたるまで、不倫や浮気などの女性に関するスキャンダルを起こしていないことだ。彼を張り込んだという写真誌カメラマンは、

「独身時代はそれなりに三宿界隈などで夜遊びもしていたキムタクですが、結婚後はSMAPのコンサートや紅白、ドラマの打ち上げ、各関係者との仕事絡みの“夜遊び”はあれども、浮ついた話がひとつとしてこぼれてこない。なんとかして女性関係をつかもうと、下世話な話、“プロのお店でも”と張り込んだのですが、仕事先からたどり着くのはいつも自宅。つまらない(苦笑)。誘惑から自分を律しているのか、それとも今も静香にゾッコンなのか」

さんまが“夫婦生活”を暴露

 実際、夫婦関係はどうなっているのだろうか。2009年1月3日の『さんタク』(フジテレビ系)では、家族ぐるみの付き合いがある明石家さんまがまさかの暴露をしていたけども……。

《最近、シてないんやろ?》

2004年4月、ハワイから帰国した木村拓哉と工藤静香。週刊女性のカメラに…

「ゴルフ対決で、互いに動揺することをささやき合って邪魔をするという場面だったのですが、どんな言葉にも平静を装っていた木村さんが、この“シてないんやろ”には動揺を見せたのです。

 さすがにギャグでしょうが、“内情”を知るさんまさんのぶっちゃけは妙にリアルで、ちょっと笑ってはいけない空気でした(苦笑)。

 でも、今年4月には静香さんの誕生日に合わせて、木村さんは中国版ツイッター『ウェイボー』に若き日のラブラブツーショットをアップしました。これが夫婦の答えなのでしょう」(前出・テレビ局関係者)

 木村と静香の左足首には、結婚時に入れたとされるお揃いの蛇が彫られている。足首に巻きつくような蛇の意味は「永遠」。つまり夫婦は、まさにカラダで「永遠の愛」を誓い合ったのだろう。

 そんな2人の“愛の証”である心美や光希もすっかり大人の女性となり、両親を追うように芸能活動をスタートさせた。家族4人がインスタグラムで発信し、互いに“登場”しあって繋がっている。

SMAP解散後は“タブー”がなくなったのか、今までの鬱憤をはらすかのように家族総出で“木村ファミリー”を存分にアピールしていますね。パパになる気持ちを“なってみないとわからない”と答えていたキムタクですが、20年経ってその気持ちを、家族がいる幸せを十二分に噛みしめていることでしょう。これから30年、40年と、ビッグカップルではなく、ビッグファミリーとして明るい話題を振りまいて欲しいですね」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

 20周年の記念に、「木村家密着ドキュメント」なんてのはどう?