dカードGOLD最大の魅力、ケータイ料金10%還元について詳しく解説

 dカードGOLDでは月々のドコモスマホやドコモ光の料金に対して、10%のdポイントが還元されるサービスが用意されています。

 ドコモ携帯電話・ドコモ光の利用額によっては、dカードGOLDの年会費11,000 円(税込み)に相当するポイントを貯めることもできる、お得な特典となっています。

 ただし、10%の還元対象では携帯電話の分割払い割賦料金は対象外などの注意点があり、想定よりもらえるdポイントが少ないという事例があるので、事前に対象外の料金については確認しましょう。

 dカードGOLDのドコモ料金10%還元の内容、dポイントがつかない理由と対策、注意点などについてわかりやすく解説します。

dカードGOLDの 10%還元の特典内容

 ドコモのアカウントと紐(ひも)づけたdカードGOLDを保有していると、毎月のドコモのスマホ代・ドコモ光の税抜き料金に対して、10%分のdポイントを毎月もらえます。

 ドコモの携帯電話やドコモ光を契約している場合、dカードGOLDの年会費(税込み11,000 円)を超えるポイントを獲得している方も多数います。

 年会費無料のdカードが10,000円で100ポイントしか貯まらないのに対し、dカードGOLDはその10倍の1,000ポイントが貯まります。

 ドコモ携帯電話・ドコモ光の料金が合算で15,000円の場合は、毎月普通のdカードは150円・dカードGOLDなら1,500円と圧倒的な差が生じます。

 こうした数字を見ると、10%還元はとてもお得なサービスであるのが一目瞭然です。私もドコモ契約時はザクザクとdポイントを得られました。

 dカードGOLDの申込時にはドコモのサービスアカウントである『dアカウント』でログインするので、名義が同一であれば、カードが発行された時点で自動的にポイントが貯まるようになります。

 面倒な手続きはいっさい必要ないのでユーザーフレンドリーです。忙しい現代人は1分1秒が重要ですので、無駄な時間を使わなくてすむのは素晴らしい点となっています。

注意点

 ドコモユーザーにとって10%還元はdカードGOLDの最大のメリットですが、「思ったよりポイントが付与されない。騙(だま)された」という悪い評判・口コミもあります。

 特にドコモショップで勧誘されてあまり細かい注意事項を調べておらず、「毎月の料金からフルに10%OFFと思っていたのに、そうではなかった」という事例が多いです。

 最大の注意事項としては、支払金額の全額から10%がポイント還元となるわけではない点です。

 実際には基本料金・一部の利用料金が対象で、機種代金・d払いの携帯電話料金合算払いなど、対象外の利用料金もある点に留意する必要があります。

10%の還元対象は通信料・パケット代のみ

 dカードGOLDで 10%還元の対象となるのは、スマホ・ガラケーの通信料・パケット代のみで、機種代金は対象外です。

 例えばiPhone12 Pro(128GB)の機種代金を分割払いで購入し、新プランの『5Gギガホプレミア』を契約した場合、月々の支払いは9,910円になります。

・iPhone 12 Pro(128GB):3,586円(税込み総額129,096円を36回で分割)
・5Gギガホ プレミア:7,315円(税込み。各種割引がない場合)
・⇒ 合計の月額料金:10,901円

 しかし、このうち3,586円の機種代金は対象にならないという点に注意が必要です。

 毎月ドコモ携帯の利用料金を10,901円支払っているから1,000ポイント付与されると思っていたけれど、実際は7,315円の税抜き価格6,650円が対象で600ポイントしか付与されなかったという現象が発生しています。

 dカードGOLDの10% dポイント還元の対象になる主な料金プランは下表のとおりです。

旧料金プラン ■基本プラン
 カケホーダイプラン・カケホーダイライトプラン・シンプルプラン・データプラン・デバイスプラン
■パケットパック
 シェアパック・データパック・ケータイパック
■インターネット接続サービス(ISP)
2019年6月〜2021年3月のプラン ・ギガホ
・ギガライト
新料金プラン ・5Gギガホ プレミア
・ギガホ プレミア
・はじめてスマホプラン

 

dカードGOLD入会キャンペーンはこちら

本体代の割賦支払い、コンテンツ使用料金、解約金などは10%還元対象外

 10%還元の対象となるのは、携帯電話の料金のみとなっており、本体代を割賦支払いする場合の割賦代金や、各種コンテンツの利用料金、定期契約(2年契約)の解除料金などは10%還元の対象外になるのをおさえておきましょう。

 10%還元の対象外となる支払いは、以下のとおりです。

各種手数料
電報料
コンテンツ使用料/iモード情報料
コレクトコール通話料
ケータイのご購入代金分割支払金/分割払金
ドコモ口座による利用代金(送金依頼額および利用料)
消費税
「ケータイ補償サービス」「ケータイ補償 お届けサービス」ご利用時のお客さまご負担金
「ドコモ光」事務手数料・工事料および光訪問サポート利用料など1回ごとにお申し込みが必要となるサービスなど

999円以下の端数は切り捨て

 dカードGOLDの10%ポイント還元は、1,000円(税抜き)あたり100ポイントなので、999円以下の端数は切り捨てられます。

 例えば利用額が1万円だった場合1,000ポイント貯まるのに対して、9,999円だった場合は999円の端数が切り捨てられるので、たった1円の差でも獲得ポイントは100ポイントの差が生じます。

 クレジットカードの場合は、「大台にちょっと足りないな」という場合は、例えば最低15円からのAmazonギフト券を購入することによって調整できますが、ドコモ料金に関しては、毎月数円単位で調整するのは非現実的なので、なすすべもないのが現状です。

家族のスマホ代や、1人での複数回線契約は対象外(家族カードがあればそれぞれ10%)

いわゆる“ケータイ2台持ち”の人も、dカードGOLDでのポイント還元適用は1回線のみ

 dカードGOLDの10%還元を受けるには、自分が利用している携帯電話番号と紐(ひも)づける必要があります。

 カード1枚につき1つの携帯番号しか登録できないため、家族分のポイントがつきません。また、1人でプライベート用・ビジネス用など2つ以上の携帯回線を契約している場合も、10%還元の対象は1回線のみです。

 なお、dカードGOLDの家族カードを発行すればそれぞれのカードに携帯番号を登録できるので、家族の携帯料金も10%還元の対象になります。

 dカードGOLDの家族カードは1名まで年会費が無料なので、本会員の年会費のみで例えば夫婦2名分の携帯電話料金の10%還元を受けることができます。

dカードGOLD入会キャンペーンはこちら

dポイントで支払った分は対象外

 10%ポイント還元はドコモ携帯・ドコモ光の支払金額が対象になるので、dポイントを携帯電話の料金に充当すると、その分dカードGOLD特典で得られるdポイントが減ってしまいます。

 dポイントはiDキャッシュバック、d払い、dポイントカード、dカードプリペイドなどによって、多数の身近な店舗で現金同様に便利に使えます。

 したがって、dカードGOLDを契約している場合、携帯料金の支払いに使うのはなるべく避けるのがおすすめです。

dポイントクラブのステージ判定は対象外

dポイントクラブのステージ画面
dポイントクラブ、会員サイトでのステージ詳細画面

 10%ポイント還元で獲得したポイントは、dポイントクラブのステージ判定では対象になりません。

 dポイントクラブとはdポイントの会員プログラムで、貯めたポイントやドコモ契約年数に応じて会員ステージが設定されます。

 ステージごとにクーポンやUSJのラウンジなどのお得な優待を受けられます。特に最上級のプラチナには豪華な優待がめじろ押しです。

 しかし、dカードGOLDの10%還元で得たdポイントは会員ステージに必要なポイントには加算されません。

ドコモ料金の10%還元だけで年会費の元を取ることも可能

10%の還元はこんなに大きい。dカード公式サイトより

 dカードGOLDの年会費は11,000 円(税込み)と高額ですが、入会するだけでもらえる高額な特典、10%ポイント還元だけでかなり元を取れます。

初年度は入会キャンペーンだけでお得

 最大16,000円といった入会キャンペーンが開催されているので、1年目は多くの方がキャンペーンだけでdカードGOLDの高額な年会費を超えるポイントを獲得できます。

dカードGOLD入会キャンペーンはこちら

2年目以降はおおむね月1万円前後なら年会費よりお得

 dカードGOLD入会から2年目以降は、おおむね月10,000円程度のドコモ携帯電話・ドコモ光料金を支払っていれば、年会費の元を取ることが可能です。

・月10,000円(ドコモ料金)× 10%還元 × 12か月=12,000ポイント

 以下のような方であればdカードGOLDの10%還元特典だけで、年会費分のdポイントを得られます。

・ドコモスマホ+ドコモ光を利用
・家族カードを発行して、家族でドコモスマホを利用

 もちろん、dカードGOLDの優待特典・サービスは10%還元だけではなく、ゴールドカードならではの豊富なメリットが盛りだくさんです。

・最大10万円のケータイ補償(3年間)
・年100万円以上利用したら年会費を超える年間ご利用額特典
・年300万円のショッピング保険
・最高1億円の海外旅行傷害保険、最高5000万円の国内旅行傷害保険
・空港ラウンジ
・豪華な入会ボーナス

 したがって、10%還元のポイントだけでは年11,000 円(税込み)の年会費相当に届かなくても、その他の特典を使う場合は加入を検討する価値がありそうです。

 2年目以降も年会費を超えるdポイントを獲得するためには、ドコモ光+ドコモスマホの支払金額が高いほど達成しやすくなります。

 通信容量が大きいプランほど利用料金が高いので、dカードGOLDの10%還元の効果がUPします。

 ただし、10%のポイントを増やすために使いもしないのに大容量プランを契約するのは損でしかないので、あくまで自然体で判断しましょう。

 家庭用のインターネット回線であるドコモ光の料金プランは戸建ての方が1,000円ほど高く、スマホの支払いが少なくても年会費分のdポイントが貯まりやすくなっています。

家族カードに入会し、家族でドコモのスマホを利用

 ドコモ光に加入していなくても、家族でドコモスマホを利用していれば年会費の元を取れる可能性があります。

 dカードGOLDの家族カードがあれば、家族のスマホ代も10%還元の対象になるからです。

 2人以上ギガホなら確実に達成できますし、1人でもギガホのユーザーがいれば月10,000円超えの可能性が高まります。

dカードGOLD入会キャンペーンはこちら

 

まとめ

 dカードGOLDには、ドコモ携帯電話・ドコモ光料金の10%還元の特典があります。

 毎月のドコモのスマホ代・ドコモ光の料金に対して、10%分のdポイントを毎月もらえるので、家計が大助かりとなります。

・月7,000円なら年8,400ポイント
・月10,000円なら年12,000ポイント
・月12,000円なら年14,400ポイント

 通常は1万円で100ポイントしか貯まらないのに対し、dカードGOLDはその10倍の1,000ポイントが貯まります。

 ドコモ携帯電話・ドコモ光の料金が合算で15,000円の場合は、毎月一般カード150円・ゴールドカード1,500円と圧倒的な差が生じます。

 ドコモの携帯電話やドコモ光を契約している場合、dカードGOLDの年会費(税込み11,000 円)を超えるポイントを獲得している方は多数います。

 他方、dカードGOLDの最も大きなデメリットは、年会費が税込み11,000 円と高額である点が挙げられます。

 年会費の元を取るには、ドコモ携帯電話・ドコモ光の支払いがおおむね毎月10,000円以上であればOKです。

 ただし、dカードGOLDには10%還元以外に優れた特典が豊富なので、それらを使う場合は、10%還元のdポイント数が年会費を超えていなくても、余裕で元を取ることもできます。

・最大10万円のケータイ補償(3年間)
・年100万円以上利用したら年会費を超える年間ご利用額特典
・年300万円のショッピング保険
・最高1億円の海外旅行傷害保険、最高5,000万円の国内旅行傷害保険
・空港ラウンジ
・豪華な入会ボーナス

 dカード GOLDによるポイント還元は単純な月額料金の10%ではなく、1,000円(税抜き)あたり100ポイントです。

 また、税抜きなので請求金額がベースだと税込1,100円でdポイント100ポイントなので、純粋な支払金額に対するポイント還元率は最大でも約9.09%となります。

 きりの良い金額まで数円足りない場合は、SMSが有料プランならSMSを送信(1通あたり+3円)して、請求金額を税込1,100円単位にタッチさせるのがベストです。

・月額料金が税込11,000円→1,100ポイント還元
・月額料金が税込10,999円→1,000ポイント還元

 かつて募集されていた家族向けの「シェアパック」を契約している場合、代表回線の支払金額が10,000円/月以下になるのは稀なので、シェアパックの契約を継続している場合、ポイント付与で元が取れます。

 ゴールドカードであるのに総合的にコストパフォーマンスが良好であり、状況によっては年会費無料カードよりもはるかにお得なクレジットカードです。

 ドコモの携帯電話を契約している場合にはおすすめできます。ただし、10%ポイント還元には対象外の項目がある点に注意しましょう。

 現在、dカードGOLDは多額のdポイントがもらえるおトクな入会キャンペーンを開催しています。

dカードGOLD入会キャンペーンはこちら