SMAP

 ファンによるCD購買運動や署名運動のかいなく、国民的アイドルグループのSMAPが12月31日をもって解散しました。

 出場が期待されていた『第67回紅白歌合戦』(NHK)を辞退したことから、12月26日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)での『世界に一つだけの花』の歌唱パフォーマンスが、5人そろっての最後の姿に。番組内ではメンバーから解散に向けて直接のメッセージはありませんでしたが、歌い終わったあとに中居正広が背を向けて号泣する姿が、鮮烈な印象を残しました。

 当面元メンバーはジャニーズ事務所に籍を残したまま、ソロでの活動を続けるといわれていますが、1月からスタートする草なぎ剛主演ドラマ『嘘の戦争』(フジテレビ系)を除き、木村拓哉以外の4人の2017年の新規の仕事はまったくの白紙状態という報道も。

 一部メディアでは、事務所と契約が切れる2017年9月をもって、香取慎吾の海外移住説や引退説、ジャニーズ事務所を退職したIマネージャーを呼び戻し、木村以外の4人での新事務所設立説もささやかれています。

 今後も目が離せないSMAP元メンバー関して、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長に話を聞きました。

――高須院長は実際に面識があった元メンバーはいらっしゃいますか?

高須「デビュー直後のSMAPに会ってるよ。当時は光GENJIの下っ端みたいな存在だったから、若いなぁって思っただけだけど。それと、『ゴロウ・デラックス』(TBS系)という番組にゲスト出演をしたことがあるから、稲垣吾郎さんが一番印象に残ってるかな! すごく賢くて勉強家だな、このまま司会者として独立すればいいのになんて思ったら、当たったねぇ(笑)」

――そうだったんですね。高須院長は一連のSMAP解散騒動をどう見ていましたか?

高須「どの世界でもそうだけど、1人の人間が年齢を重ねて成長し、個人で活動したい・独立したいと思うのは当たり前だから、割と静観してたかな~。だいたい、かつてのシブがき隊とかさ、ある程度活動したら解散してたじゃないの。だからジャニーズ事務所のグループ展開としては当たり前のスタイルをたどっただけじゃないの?」

――確かに、ある程度の年齢になると解散宣言をしていたジャニーズグループはたくさんいますね。

高須「そうだよ、世界的に見てもザ・ビートルズとかさ。あれも個々の成長による解散だよね。でも、個性のあるメンバーをここまで長い期間まとめていたジャニーズ事務所はすごい。それにソロで活躍できるほど成長したメンバーも偉いと思う!」

希望通りにいかないからこそ、ドラマティック

――とはいえ、ニュースにもなった『世界に一つだけの花』購買運動や署名運動、解散に関する著名人の発言など、長らくSMAP周辺の話題も取り沙汰されましたが、これらに関してはどう思いますか?

高須「人気ドラマの展開と同じだよね! “この人と結ばれて!”って思ってもうまくいかなかったり、そうそうみんなの希望通りにはいかないからこそ、ドラマティックなんだよ。でもこの解散は日本の芸能史に残っただろうし、メンバーも老いた姿を見せながら活動するより、個人の能力を発展させた方がいいでしょう。というわけでボクは解散支持派でした」

――では、解散は悲しいアクシデントではなく、喜ばしいことだと?

高須「そう! 何年かしたらメンバーにとっていい思い出になるなんじゃないの? そうしたら、またみんなで連絡取りあってさ、フォーリーブスみたいに忘れたころに再結成! なんて展開もあるかもよ」

――長くSMAPとして活動していたので、メンバー同士は兄弟のような存在だったのかな、なんて外野は思いますが、高須院長から見て5人の関係はどんなものだったと推測しますか?

高須「ダークダックスみたいに大学の仲間とかで集まったわけでもない、要は事務所都合の人工的な集まりでしょ? それって接着剤的な存在がないとあっという間に崩れるものだと思うんだよね。それが例のIマネージャーだったんじゃないのかな。要がなくなるとバラバラ~! みたいな。兄弟や家族みたいにほっこり、は現実にはないでしょ!」

――では、これから個人で活動していくSMAPメンバーに一言お願いします!

高須君たちは今までサナギだったんだよ! だからこの解散は脱皮!! これから蝶として羽ばたくのを楽しみにしています。それで、還暦になったら赤いちゃんちゃんこ代わりに赤のスーツなんか着て、年を重ねたかっこいい姿で再結成しちゃってもいいんじゃない!」

<プロフィール>
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。脂肪吸引手術など世界の最新美容外 科技術を日本に数多く紹介。金色有功章、紺綬褒章を受章。『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)。最新刊は『ダーリンは70歳/高須帝国の逆襲』(Kindle版)高須クリニックオフィシャル人生相談 Twitterアカウント@yes_jinsei