広田優花さん(21歳、仮名)は「どうしても部費が足りなかった」と語る(写真:東洋経済オンライン編集部)

 この連載では、女性、特に単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。今回紹介するのは、奨学金で国立大学に通いながら売春で教科書代や部活費を賄う21歳の女性だ。

 昨年から一般女性たちの間で「パパ活」がはやっている。パパ活とは女性たちが夢や願望、自己実現、生活のため就活や婚活をするように、パパなるパトロンを見つける行動だ。昭和の時代から配偶者以外の特定の異性と肉体関係を結び報酬を得る「愛人」はあるが、「愛人」と現代の「パパ」は似て非なる。

この連載の一覧はこちら

 現代のパパ活は、本当に驚くほど普通の大学生や専門学生、正規非正規で働く普通の女性たちが手を出す。

 その背景には男女間の収入差、世代間格差、若い世代の低賃金労働がある。非正規雇用が40%を超え、自立する多くの未婚女性たちの生活は基本的に苦しい。

 結婚や出産など長期的な展望が見えなくなった女性たちが、年上の男性から経済的な援助を前提に交際や恋愛をする。普通に恋愛する人もいれば、売買春に近いような関係もある。

 パパ活の舞台となる掲示板にアクセスした。無数の女性たちが掲示板の向こうの男性たちに自分の魅力を訴えている。そのひとつのメッセージに連絡をした。

 21歳の国立大学生です。授業が忙しくて多く働けず、親からの支援もないので、支えてくれる方を探しています。昔からわりとモテるほうなので、容姿も性格もそんなに悪くないと思います。条件書いてメールください。

 この"21歳国立大学生"広田優花さん(仮名)と数日後に会うことになった。

 待ち合わせ場所に現れたのは・・・

「あのう、19時に待ち合わせしている広田です」

 新宿アルタ前、小さく声をかけられた。私は絶句した。彼女が信じられないほどの美少女だったからだ。芸能人にたとえれば、有村架純に似ている。同行する女性編集者も「えっ」と声を失い、私に目線を送る。彼女はわれわれに対する猜疑心からか、表情はこわばるが、清楚で知的なことは一目で伝わる。すれ違う通行人で振り返る人もいるほどで、本当に圧倒的な美少女だった。

 人が少ないだろうシティホテルの喫茶室に移る。十数分かけてなんとか緊張を解き、話を聞く。彼女は偏差値70を超える国立大学の現役医学生だった。本人の顔写真入りの学生証も確認させてもらったので間違いない。

当記事は「東洋経済オンライン」(運営:東洋経済新報社)の提供記事です

「パパ活は、やっぱり売春ですよね。今、連絡取る人は2人います。40代の方々で詳しいことは知らないです。その人たちのことは、別に好きではない。ただ食事とかエッチをして、おカネをもらうみたいな。でも、全然慣れない……。特定の人と何回も会うのは怖いし、やっぱり私が会いたいって思わないし」

「パパ」とはすべて偽名でやり取り

 2人のパパと会うのは月1ペース。彼女は恋愛ではなく、売春に近い形でパパと交際していた。その自分の行動に漠然とした不安があり、身元がバレるのが恐ろしく、パパとはすべて偽名でコミュニケーション。大学名やプライベートのことなどは、すべてウソをつく。好きではない年上男性とセックスする、ウソをつく、不安で悩む、すべてがストレスとなっている。

「プライベートに入って来られるのが怖い。結び付きが強くなるのがちょっと嫌だなって。だからパパといっても、すごく中途半端な感じです。あと大学1年の夏休みから風俗もやっています。……ハンドヘルスです」

 うつむき、ずっと声が小さい。ハンドヘルスとは男性客を手淫で抜くソフトな性風俗だ。求人広告では脱がない、触られないなどとサービスのソフトさをアピールし、性風俗未経験の女性を集めている。

 1週間前に掲示板を眺めてから、今日までに私と女性編集者で何度も彼女とメールのやり取りをした。連絡先を教えてくれない、名前がいくつかあるなど、難航したが、その行為の一つひとつは風俗で働いたり売春する自分自身の行動に対して、後ろめたさがあることが理由だった。

 現在の日常を誰にも話していない。おそらく誰かに話し、自分のしていることが正しいのか正しくないかを判断したい、誰かに間違っていないと言ってもらいたい、といった意図があるように思えた。秘密を抱える彼女は孤独なのだ。

「パパのひとりはもともとお客さんです。すごく忙しいので、風俗店は定期的に入るわけでなくて、おカネがちょっと足りないってときだけ。不定期で急の出勤だから、お給料は少ないときは1日5000円とか。忙しくても2万円くらい。

 全然おカネがもらえなくて困って、お客さんに“2万円あげるよ”って誘われたことが始まり。その人と会ってエッチして、でも忙しい人なのであんまり会えなくて。結局、最近、連絡をいただいた出会い系みたいなサイトに登録しました」

 新宿を指定したのは彼女だ。今日この取材が終わった後、ハンドヘルス店に出勤するという。

「出勤はすごく少ないけど、風俗はもう2年半くらい。基本的には全然平気じゃないです。私、そのときは彼氏ともしたことがなくて、なにも経験がないまま今の店に応募しました。仕事は慣れるけど、平気じゃないっていうか。だからサービスが軽いところと思ってハンドヘルスです」

 彼氏という言葉が出てきて、若干目に涙が浮かぶ。彼氏は同じ高校の先輩で別の国立大学に通う。高校時代から4年間付き合い、肉体関係になったのは、なんと1年半前。広田さんは処女のまま風俗嬢になり、付き合って2年以上が経った恋人と処女喪失後、罪悪感を抱えながら、パパを見つけて売春するようになった。

 彼女が風俗で働いたり売春をする理由は、学生生活を維持するためだ。1年生から続けるスーパーマーケットでのアルバイトは、現在も継続する。大学を優先すると、1日4時間週2~3日働くのが限界。時給920円、月収4万~5万円程度にしかならない。

 父親は数年前にリストラ、両親は非正規の共働きだ。世帯収入はせいぜい500万~600万円程度。弟2人もいるので「高校と大学、私立は絶対に無理」と母親に言われて、小学校時代から必死に勉強して高偏差値をキープする。

 国立大学なので医学部でも学費は高くはない。入学金28万2000円、年間授業料53万5800円は日本学生支援機構の奨学金を借りる。学費はすべて奨学金で賄い、そのほかの費用はアルバイトで稼いでほしいというのは両親の意向だ。実家からの通学でなんとかなると思ったが、体育会系の部活に所属したことと、教科書や雑費が予想以上に高額で、時間とおカネが足りなくなった。

金持ちになりたくて勉強した

「うちは貧しいと思います。お母さんが高卒で苦労して、家が貧しいから自分はおカネ持ちになりたいなって。小さいときからずっと勉強はしていました。貧しいと気づいたのは友達の家とか行って、明らかに自分の家が汚いとか、持っているものとか洋服が周りの子のほうがいいものを買ってもらっているって。お母さんは塾のおカネだけは払ってくれた」

 地元のトップ公立高校に進学し、ある部活に入った。高校3年のとき、都道府県ベスト4までなった。達成感があり、大学でも部活は続けたかった。夏に引退してから寝る間を惜しんで必死に勉強し、国立大学医学部に現役合格。体育会系のある運動部に入部した。

「部活におカネがかかっています。大学の人たちはみんな中学からの私立出身。家の裕福さは全然違う。みんな部活のおカネは親からもらってくる。私はアルバイトで4万~5万円しか稼げなくて、部活にはそれ以上がかかる。母親に“出して”って言うと、出してくれたとしても、3回ぐらい頼んで嫌々。貧乏だから快くは出してくれない。おカネの話をするとすごく嫌な空気になる。遠征とか大会とか、いろいろ重なって。もう風俗みたいなことしかないかなって。それが1年生の夏休みです」

 大学は朝9時の1限から。部活は夕方から週2~3日ある。アルバイトは部活のない日にしかできない。大学同級生や部活の仲間、高校時代から付き合う彼氏は全員が中流以上の家庭で、経済的な苦境は誰もあまり理解してくれない。

「バイトを増やすと勉強する時間がなくなって、留年しやすい。大学は厳しいので留年したら本当に元も子もない。もう1週間全部埋まっていて、ただでさえ忙しいのに、さらに時間をできるだけかけないでおカネを得るとなると、どう考えても風俗しかないです。テレビとかで、そういう仕事があるのは知っていました」

 大学1年の春、教材費がかさんだうえ部費を払わなくてはいけなかった。どれだけ節約しても3万円が足りない。悩みに悩み、高額求人サイトを閲覧した。性体験がまったくないので不安しかなかったが、もうカラダをおカネに替えるしか手段がなかった。思い切って応募した。すぐに採用された。

「毎日学校が1限からで、深夜までの水商売は無理。今のお店に面接に行って月1日でも2日でも働ける日に働けばいいって言われて、勇気出してやりました。店でやることは、私が最初に服を脱いで、相手の人にシャワー浴びてもらって。

 レンタルルームみたいなところで、人によるけど、向こうがめちゃ私のカラダを触ってきたり、なめてきたりみたいな。最初はすごく気持ち悪くて“やめてください”って言った。触るのはダメだけど、なんかいちいち断るのが面倒くさくなっちゃって。もういいやって」

 大学1年の夏からおカネがなくなったとき、風俗店に出勤する。清水の舞台から飛び降りる思いで風俗嬢になり、月1日か2日性的サービスをする。ソフトなサービスなので収入は低い。月2万~3万円稼ぐようになり、なんとか合宿にも参加でき、学生生活を送ることができている。

 親世帯が低収入で日本学生支援機構の奨学金で学費を工面するものの、通常のバイトだけでは学生生活が成り立たない。典型的な大学生の貧困だった。

「無駄遣いしないし、なにも欲しいものはないし、部活をやって大学を無事に卒業したいだけです。やっぱり月3万円くらい、どうしても足りない。風俗は、何か気持ち悪くなってしまって。なんていうか、自分がやっていることが気持ち悪かった。

 自己嫌悪です。全然知らない人と裸で寝ているとか変だし、おかしいことをしているなって。彼氏にも悪いし、なにもいいことはないです」

 彼氏と付き合って3年目、初めて肉体関係になった。大学と部活はさらに忙しくなり、時間はなくなった。おカネは風俗だけでは足りなくなって、インターネットの記事で眺めたパパ活に手を出した。それが1年前のこと。大学と部活とバイト以外に風俗勤務月2日、パパとの売春が月1日、カラダを使って平均してプラス月5万円を稼ぐ。そんな日常になった。彼氏への罪悪感はある。いくら悩んでも答えは「今は割り切るしかない」、そう思う。

「彼氏に対しては、バレなきゃいいって。社会のことはまだよくわからないけど、おカネ持っている人は持っているじゃないですか。周りはみんな親からおカネをもらえて、恵まれている。けど、私は普通におカネがない。そういう星の下に生まれたのだから、風俗で働いておカネをもらっても、仕方ないことなんじゃないかって」

「需要と供給が合っている」

 私は広田さんが話してくれたこと、今やっていることを肯定した。確かに限られた時間の中でカラダを換金するしか学生生活を乗り切る手段がないのだろう。

「風俗で1度やっちゃったら、もう2度も3度も同じみたいな感覚はあります。風俗店では6時間で2万円だけど、パパとか出会い系で相手を見つければ1時間で2万円くらいになる。効率はいいと思う」

 話しているうちに緊張した表情は和らぎ、言葉は少し滑らかになった。大学卒業まであと3年。彼氏や大学の仲間に絶対バレないように風俗と売春をして、なんとか卒業して国家試験合格をつかみたいと思っている。

「世の中にはおカネが余っている人がいて、その人は若い女の子に会ってエッチしたい。私を欲しい人がいて、私はおカネが欲しくて、需要と供給が合っている。長い時間、すごく悩んだけど、それは悪いことじゃないって。今日、やっぱりそう思いました」

 21時半、ホテルの喫茶室を出た。彼女は歌舞伎町の方面へと向かって行った。歌舞伎町を歩く清楚な彼女の後ろ姿を見送る。なんとも言えない大きな違和感があった。


中村 淳彦(なかむら あつひこ)◎ノンフィクションライター 東京都生まれ。アダルト業界の実態を描いた『名前のない女たち』『職業としてのAV女優』『日本の風俗嬢』『女子大生風俗嬢』など著書多数。フリーライターとして執筆を続けるかたわら介護事業に進出し、デイサービス事業所の代表を務めた経験をもとにした『崩壊する介護現場』『ルポ中年童貞』が話題に。最新刊は、女性の売春が政治経済に影響されることを解説した『図解日本の性風俗』(メディアックス)。