左上から時計回りに沢口靖子、高畑充希、大島優子、柏木由紀、竹内結子

 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に主演し、2016年に大ブレイクした女優の高畑充希。先日、2017年のエランドール賞・新人賞を受賞するなど、その勢いは止まらない。

 しかしネットでは、仲良しだという元AKB48・前田敦子とともに、「二人とも目が寄っている」と言われるなど、パーツの残念さを指摘されることも多い。

 ほかにも、「美人なのに顔のパーツが残念」と言われる芸能人は多い。笑うと歯茎がむき出しになるガミースマイルの沢口靖子、笑ったときの歯並びの悪さが指摘される元AKB48・大島優子、鼻の穴が少し上を向いている竹内結子、“にんにく鼻”と言われることもある団子鼻のAKB48・柏木由紀などがネットでも名前を挙げられている。

 このような、残念なパーツを持つ美女=“パーツ残念美女”に対し、美容外科「高須クリニック」の高須院長はどのような評価を下すのか? 話を聞いた。

――2016年を代表する女優となった高畑充希さんですが、彼女の顔を高須院長はどう分析しますか?

高須「すっごい朝ドラ向きの顔! 美容的に言うと鼻根が低く団子鼻気味でちょっとブタさん鼻だし、口元も少し出ていて目は左右非対称。じっくりパーツを見ると残念な箇所がゴロゴロ出てきますが……これこそ朝ドラのヒロイン向き!

 だって、もさい役や汚れ役を美女がブスのフリしてやっても、みんな『え~?』って思うでしょ? それが、ちょい残念美女がやるとどうでしょう! これがハマるんですね~。ということはドラマにリアリティが出る。よって朝ドラの評価も上がる、というわけで朝ドラ向きの顔です」

――なるほど! 残念な美女であるが故に、いいキャスティングだったのですね。

高須「映画黄金期など、昔は絵画から抜け出たような美男美女が男優・女優の条件だったでしょうが、今は時代も変わり、どんどんナチュラル志向になっているからね。整形界もそうです。ちょっと前なら不自然なくらいの、とんがり三角顔に完全左右対称のくっきり二重目、ツンとした高い鼻などがオーダーに多かったけど、最近は自然っぽさを求められます。高畑さんも仲良しの前田敦子さんも左右の目や眉が非対称だし。でもそれでモテるんだと思うよ」

――女優としてのよさだけではなく、モテにもつながると?

高須「そう、全部ダメだと厳しいけど、かわいい、きれいな中に残念なパーツがあるということは、親近感につながるから。もしこれを読んでいる中に婚活中の方がいたら、ちょっとダメなところをアピールすると安全性を感じられるので、お嫁さんにふさわしいと思われるかもしれませんよ!」

――婚活にも有利なんですね。では、沢口靖子さん、大島優子さん、竹内結子さん、柏木由紀さんも、やはりパーツ残念美女でしょうか?

高須「そうだね。でも沢口さんはちょっと古めかしい顔の美人だけど、顔の印象として良くなかったホクロも取ったし、この口元は残すくらいでいいでしょう。大島さんもこれで歯並びをまっすぐで真っ白に直したら、そこらへんを歩いてる普通の美人になっちゃうから、これが逆にインパクトを与えていいんだと思います。完成度より親近感が今の人気者の条件だしね。竹内さんも柏木さんも、少し美人には足りないんじゃない? ってところが受けてると思うね」

――残念なパーツをカバーする方法は、どのようなものが思いつきますか?

高須「それは整形をするなら簡単だし、メイクでもカバーできるかもしれないけど、欠点のない美人であることを選んだために、女優としての人気は陰るかもしれないね。クリニックでも『この欠点がチャーミングなのにな』と思いつつ、本人が変えたがるということはありますよ」

これからは「スキのある時代」

――AKBもアイドルですが、完璧な美少女ぞろいではないと言われ、ということは「ちょっと残念」や「1か所ダメ」のほうが、ニーズがあって芸能人としてブレイクするという……。

高須「“え? ブス? でも踊ったり笑ったりするとかわいい!”という方が、人は秘められた魅力を見つけた気がしてハッとしてしまうからね」

――確かに高畑さんも「歌う姿がかっこいい! うまい!」ということでも大きく評価されていますね。

高須「そう。これが美人だったら、歌がうまい、絵がうまいなんていっても、みんなは“ふーん…”ってなる。これがちょいブスな子だったら、“いいじゃん!”って人はなるからね。逆に美人で音痴だったら、がっかりされてしまうでしょう」

――では、これからはどんな女性の時代が来ると思われますか?

高須「スキのある時代! ちょっと鼻ぺちゃ、目が一重と二重とか、そういうスキのあるほうがもてはやされると思います。顔面偏差値が上がったといわれる今のAKBより、大島さん、前田さんがセンターでブスまじりなんて言われていたAKBのほうが、売れて気迫があったのがいい例です」

――とはいえ、「美人」「モテる残念美女」「ブス」に分かれてしまうとは思います。この境界線はどこなのでしょうか?

高須「美人はやはり、どれだけ目鼻口とパーツがくまなく整っているか。“モテる残念美女”と“ブス”は土台が同じでも、自信があるか、楽しく生きているか、笑顔があるかの差だね。やっぱり自信や楽しみがあると笑顔が増える、ひがんで生きてると表情が暗くなる。ここで口角が上がるか下がるかの別れ道なのね。これが“モテる残念美女”と“ブス”の別れ道です」

――ハッピーなオーラで顔も輝くんですね。

高須「そう。化粧っ気もないオリンピック選手の女性とか、キラキラしてるじゃないですか。それは充実感だし自信でしょう。それが人を惹きつける。だからある意味、国民的人気者になる素材をNHKの朝ドラは選んでるんだね。これからは、“ブスパーツ”に“でも美人に見えて人気者”をたしたハイブリッド型の時代! 朝ドラはこれからもブス美人を起用する! と予言したいと思います!

<プロフィール>
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。脂肪吸引手術など世界の最新美容外 科技術を日本に数多く紹介。金色有功章、紺綬褒章を受章。『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)。『ダーリンは70歳/高須帝国の逆襲』(Kindle版)。最新刊は「行ったり来たり僕の札束」(小学館)