伊藤綾子アナ

 国民的アイドル・嵐の櫻井翔の熱愛報道があった小川彩佳アナ。ふたりの“キャスター愛”は、ファンのお眼鏡にかなったのだろうか。結婚ナビゲーターでライターの鎌田れいさんは、こう分析する。

「6〜8歳までアメリカ暮らしをした帰国子女で、初等部から大学まで青山学院へ通い、大学在学中はスペインに留学するという経歴。お父さまは大学病院の診療部長という、わかりやすい“華麗なる一族”です」

 対する櫻井も、幼稚舎から大学までエスカレーターで進学した根っからの慶應ボーイ。父は東大卒の前総務事務次官と、こちらも華々しい。

ファンの女性たちにしてみたら、小川さんはアカデミックなお家柄で生粋のお嬢さま。どんなに櫻井さんを好きでも、自分が彼のお嫁さんになれないならば、自分たちには家柄も美貌もマネできないスペックの女性と結婚してほしいと思っているのではないでしょうか」(前出・鎌田さん)

松潤と葵つかさの場合

 同じようにファンからも公認の仲だったのが、松本と井上真央のカップル。ドラマ『花より男子』(TBS系)で共演して以来、長い間、愛を育んできた。

 その純愛ぶりに多くのファンがふたりの関係を見守っていたが、松本の自宅へセクシー女優の葵つかさが通っているという報道が出てしまう。

 これにはファンも怒ったのか、葵のツイッターは大炎上。イベントが中止になったり、ツイッターをやめることになったりと、てんやわんやだった。鎌田さんは、彼女が受け入れられなかった理由をこう語る。

ファンの方は、葵さんには松本さんが本気にならないと、どこか見下していたような気がします。それと同じく、二宮和也さんと報道があった伊藤綾子アナも“女に嫌われる女”だと思うんです

ニノと伊藤アナの場合

 二宮との交際報道が出てしまった伊藤アナは、小川アナと同様に最初は称賛されるも、徐々にそのブログに注目が集まっていくと……。

現在は閉鎖されていますが、ブログで、“読書をしています”という投稿には、二宮さん主演の『プラチナデータ』の書籍が写り込んでいたり、写真に嵐のCDやポスター、ライブグッズが見切れていたのが、ファンの癇に障ったんです」(スポーツ紙記者)

 小川アナもブログをしているが、書いているのは主に仕事のこと。プライベートな情報を書くときも、派手さや浮ついた部分は見当たらない。

彼女のセルフパフォーマンスは、女性に嫌われません。美人なのに女子力が高いことをひけらかさないのも品があって女性たちにウケている要因。その対極にある伊藤さんのあざといところが、ファンの方は鼻につくのだと思います。女子力アピールや匂わせブログは、炎上ポイントですね」(前出・鎌田さん)

 結婚したときファンから祝福されたのは、東山紀之と結婚した木村佳乃。

「彼女も帰国子女なんです。東京・世田谷区の成城に住み、成城大学文芸学部の出身です。知的なイメージを持っていたのもポイントだし、東山さんも年齢的にファンは“そろそろ結婚してほしい”と思っていたはず。タイミングをしっかり待った木村さんは祝福される結婚だったんです」(前出・鎌田さん)

 交際はおろか、結婚まで祝福されない女性について、鎌田さんは続けて指摘する。

「女磨きをして成り上がり、色気と美貌で男に近づいてハイスペックな男、人気のある男、お金持ちの男を落とし、手中に収めていく……。という下心が見えると、女性に嫌われます。伊藤綾子アナは、まさにソレでしたね」

 せっかく結婚するのなら、全員が祝福できる女性と結婚してほしいもの。