左から松下優也、平間壮一 撮影/森田晃博

 舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第13回は、松下優也さんが平間壮一さんを指名! 『週刊女性』本誌(2017年7月18日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

壮ちゃんはいつもニコニコしてるけど、たまに毒づくことがある(笑)

――本誌掲載の対談で、平間さんは松下さんのいるX4に入ってツアーを回りたいと、すごい夢を語ってくれましたけど。

松下 そうですね、うれしいですね。

平間 日本の若手アーティストで、踊りも歌も全部のバランスがよくて、そのバランスがすごい高いところでやっているのは、俺は優也だなって思うんですよね。それで芝居もやってて、最強じゃんって思います。

松下 ………。

――松下さん黙らないでください(笑)。

松下 ……あんまり褒められると、ちょっと恥ずかしいですね。反応しづらい(笑)。壮ちゃんの意外なところは、ほんとに真面目で、めっちゃいいヤツで、基本いつもニコニコ話してるけど、たまに毒づくところ(笑)。

平間 アハハハハハ! めっちゃあります。

松下 でもそれは、壮ちゃんのめっちゃいいところやと思う。

平間 1回、俺と歌唱指導の先生で、言い合いみたいなのをやりましたよ。譲れないことは結構、怒ります(笑)。

松下 その時の歌唱指導の先生もすごくいい人やし、僕らのこと思っていろいろ教えてくれてたけど、歌の面でベストでも、芝居やダンスと組み合わせたときに無理が出る部分があって。そういうのは、実際にやっている僕たちが一番わかるので。

――言うべきことは言う二人なんですね。

松下 僕は全然なんも文句言わずにやりますけど(笑)。

平間 うそつけー(笑)。必要なときは優也もちゃんと言ってくれますよ。でも、自分の意見を言えるのは、二人ともキャリアが長いからだと思います。僕も昔は、全部ハイって聞いてたから。そうやっていくうちに、それじゃ悪いことも起きていくんだってことも理解して、言えるようになった。

『アルカード』の現場は学校みたいで、日々みんなで遊んでた

――お二人が出会った『ジ・アルカード・ショー』のことを振り返って、思い出すことは?

松下 稽古の時から、ホンマに日々遊んでたもんな。

平間 うん。遊んでた(笑)。

松下 『アルカード』の現場って学校みたいやったから、放課後みんなで遊びに行くような感じで。なんか若かったよね、みんなノリが。

平間 同世代のキャストが多かったし。

松下 あと、みんな役者という肩書がありながら、ダンスが好きだったり音楽が好きだったりする共通点があるから、集まりやすかったよね。

平間 スタジオ生だった時みたいに、同じスタジオでみんなでダンスを練習して、終わったらご飯に行って、みたいな感じがあったね。

松下 だってさ、スポッチャとか行かんかった?

平間 行った行った(笑)。あと、公園に集合して花火したり。

松下 やったやった(笑)。代々木公園でバスケやったり。