19年ぶりに誕生した日本出身横綱の稀勢の里

 19年ぶりの日本人横綱・稀勢の里、新大関・高安の活躍により、“若貴ブーム”ならぬ“稀勢高ブーム”に沸く大相撲。現在行われている7月場所でも熱戦が繰り広げられているが、週刊女性では読者1000人にアンケートを実施し、現役・引退問わず、大相撲の長い歴史から選ばれた、「好きな力士」をランキングで発表!

 今回は週刊女性PRIMEで500票、週刊女性の読者ハガキで500票、計1000人にアンケートを実施。

 大一番を制したのは、今年初場所を制し、19年ぶりの日本人横綱となった稀勢の里!

「待ち望んでいた久々の日本人横綱だから」(40代/主婦)

「日本人らしいひたむきな姿と内に秘めた強さ。初優勝のときは涙」(40代/会社員)

「ザ・昔の関取という感じ。感情を表に出さず、まじめでカッコいい」(40代/主婦)

 日本人であること、チャラチャラしていない一途さに好感を持つ声が目立った。

 そんな稀勢の里とがっぷり四つの戦いの末、惜しくも2位となったのは、昭和の大横綱、故・千代の富士関。50代以上からの圧倒的な支持を得て、ハガキのみの集計では、稀勢の里を抑えてダントツの1位! “ウルフ”の魅力はやっぱり凛々しい顔と筋肉質の美しいカラダ。

「デブじゃなく締まった身体がカッコいい! 顔もダントツでイケメン」(50代/主婦)

「闘志に満ちた目、筋肉をまとった小さな身体。ピリッとする空気感が大好きでした」(60代/主婦)

 3位は今場所で通算勝ち星歴代1位の記録に挑む白鵬

「朝青龍の引退後、ひとりで相撲界を支えてくれた。日本人以上に日本人っぽい横綱」(60代/主婦)

 4位は同数で2人。まずは'90年代に空前の相撲ブームを作った横綱・貴乃花。多くの人のイメージとして浮かんだのは復活優勝時の小泉首相の「感動した!」。

「ずっと好きでしたが、痛みに耐えて優勝したときは泣きました」(70代/無職)

 また、貴乃花は、その土俵入りにも票が集まった。

「とにかく身体が柔らかく、いい力士でした。土俵入りの足の上がりがすごかった!」(50代/主婦)