毎日モヤモヤしている、ついていない、変わりたい……。誰しもが持つ人生の悩みは、一瞬で消すことができる。そして、思うまま最高の自分に変わることができる。その方法を指導しているのが、久瑠あさ美さん。人生をバラ色に変える魔法の切り替え方法「マインドスイッチ」とは?

久瑠さん 撮影/干川修

  ◇   ◇   ◇  

 今の人生に満足していない。なんとか変わりたい……。

 そう考えたことがある人は多いだろう。

 しかし、「自分の人生は自分でバラ色に変えることができる」と言われたら、あなたは信じられるだろうか?

「人生は確実に自分の心次第で変えることができます。それはまだ、みなさんが知らないだけです。人間は誰しもが心に持っている“マインドスイッチ”を押すことで、自分の人生を好きなように選び生きることができるのです」

 そう語るのは、メンタルトレーナー・久瑠あさ美さん。米メジャーリーグで活躍し、今季からは福岡ソフトバンクホークスに所属しているプロ野球の川崎宗則選手や、名古屋場所での活躍も印象深い小結・嘉風関、女子ゴルフの金田久美子選手といった一流アスリートをはじめ、5万人の心と向き合い“マインドスイッチ”を押し、人生を輝かせてきたスゴ腕メンタルトレーナーだ。

 久瑠さんが行うのは、その人の「潜在意識」に働きかけて、「潜在能力」を引き出すトレーニングだという。最近、「潜在能力」というキーワードをよく耳にするが、それを十分に発揮するためにはまず「潜在意識」にアプローチすることが重要なのだそう。

「私が扱う潜在意識の世界というのは『すべてを言語化することは難しいけれど、誰の中にも無自覚な願望があって自分の知らない自分がそこには確実に存在している』という世界。人間には表層意識(顕在意識)と潜在意識があります。表面化されている領域と本人が無自覚な領域があって、無自覚な領域に働きかけなければ変化は起こせないんです。潜在意識のトレーニングにおいて重要なのは、トレーニングした日に『気づかされていないこと』。なぜなら、意識された時点で顕在意識になってしまいますから」。

 潜在意識に働きかけるメンタルトレーニングの効果はまさに「劇的」なのだという。いま自分の人生が輝いていない、つまらないと感じるのは、まだ自分の中に眠る「潜在意識」の持つ力に気がついていないだけ、と久瑠さんは語る。

誰しも潜在意識には、“とんでもなくすごい力”が備わっているんです。本来『変わる』ということは“劇的に変わる”こと以外ありえません。しかし変わりたいと願っているはずなのに、潜在意識が安定を選び『私なんてどうせ変われるわけがない……』とブレーキをかけ『メンタルブロック』が生じるのは、むしろ心のひとつの正しい反応です。人間の心には安定を保つ恒常性(ホメオスタシス)があるからです。自らの人生を輝かせるため、そうした無自覚にかかるブロックをはずす“コツ”=“心の業”には扱い方がちゃんとあります」

久瑠さんの新刊『何もかも思いのままにできる人のマインドスイッチ365の極意』(主婦と生活社刊 1620円・税込み) ※記事の中で画像をクリックするとamazonの紹介ページに移動します