日本ではセックスレスの夫婦が急増中。「しかし、セックスは夫婦の絆となり得るほど、重要なことです」というのは浮気・不倫調査で5年連続業界ナンバーワンを誇る、探偵事務所の女性社長。これまでの多くの相談者の悩みから、セックスレス解消法を聞いてみたーー。

写真はイメージです

                ◇   ◇   ◇

 セックスの問題はなかなか相談しにくいもの。しかし、セックスは夫婦の絆となり得るほどに重要なことなのです。

 レス期間が長いと、なかなか一歩を踏み出すことができないといいますが、紹介するルールをひとつひとつ実践し、その解消を図っていきましょう。どんな方でも読んで実践すれば大きく前進できる“いい女のルール”です。ぜひ実践してみてください。

                ◇   ◇   ◇

 夫の気持ちが離れていく大きな原因のひとつがセックスレスです。

日本は年間45回

 私に相談に来るほとんどの妻たちがセックスレスの問題を抱えています。日本性科学協会は、セックスレスの定義を「病気など特別な事情がないのに、1か月以上性行為がないカップル」としています。

 1か月以上、セックスをしていない夫婦は日本ではザラではないか、というのが私の印象です。相談に来る妻たちの中には、もう数年以上もしていないという人もいます。ちなみに、世界的に見てみると、日本人は回数がとても少なく、1位のギリシャ(年間138回)に比べると、日本は3分の1(年間45回)にとどまります。

 しかし、妻の多くはセックスレスに対して危機感を持っていないようです。「面倒くさい」や、「もう夫とそんな気持ちにならない」という理由は少なくありません。しかし、セックスレスは、離婚事由になり得る重大な問題なのです。

 セックスは、肌と肌とのコミュニケーションです。そこには、夫と向き合う時間の欠如、感情を交換する機会の不足という課題があるのです。

 セックスの頻度としては、最低でも20代で週1回、30代で月2回、40~50代で月1回は保ちたいもの。それは子どもがいても変わりません。

 あなたはこの標準値を達成することはできていますか?

 重要なのは、習慣化・定例化するということです。気持ちが向いたら……などと言っていたら、どんどんしなくなってしまいます。忙しい日常の中では、そのために時間を割くことは難しいからです。だからこそ、あらかじめこの日にセックスをする、と決めておくことが欠かせません。

 とはいえ、すぐに“実践”できるものではないですよね。セックスをしばらくしていないと、なかなかきっかけがつかめないもの。

 そこで、大切なのがそのきっかけの作り方です。私がおすすめする4つの方法をお教えします。