このあと笑顔で記者を自宅に招いてくれた泰葉

「じゃあ、暑いし家の中に入ってください」

 8月下旬の午後2時過ぎ、自宅マンションからピンクのワンピースを着て出てきた泰葉。記者が直撃取材すると、立ち止まり笑顔を見せながら、なんと、自宅に招き入れたのだ。

都内でひとり暮らしをしていた泰葉ですが、7月初旬に“海の近くに住みたい”ということで、神奈川県内に引っ越したそうです。

 現在は台東区根岸にある実家とも絶縁しており、都内にこだわらなかったのでしょうね」(芸能レポーター)

 部屋は約100平方メートルで、愛犬との1人+1匹暮らしには、十分すぎるほどの広さ。引っ越したばかりだからか、部屋には物が少なめだ。

 泰葉といえば、6月2日に帝国ホテルで行った記者会見で、元夫の春風亭小朝のDVにより心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断されたことを告白。また、和田アキ子のラジオでの発言が営業妨害だとして、2人を提訴することを突然宣言したのだが……。

「その後、彼女は2人への提訴を取りやめたことを発表しました。しかし、この会見から業界内では“お騒がせ人物”とされ、テレビ界などでは扱いにくい存在となってしまいましたね」(前出・芸能レポーター)

「自己破産」の真相

 8月16日の夜に更新された『残念ですが』と題されたブログで、

《私は自己破産 そして 会社は倒産の道を歩まなくてはならなくなりました》

 と現状を報告。記事はすぐに削除したが、スポーツ紙などのメディアがすぐに反応し、騒動となった。

「8月の初めに辞めた元スタッフがいろいろなところに発注をかけていて、請求書が私のところにたくさん来たんです。

 請求書の送り先のひとりである音楽関係者の女性の方から“何日までに払ってください”とか“あなたの責任だ”とか責めるような口調で言われて、困ってしまって……。これは書いておいてほしいのですが、私はPTSDなんです。診断書もお見せします。

 どういう症状が起こるかというと、つらい記憶がフラッシュバックするんです。

 何かが起こると自分を責め続けてしまい、(想像の中で)自己破産まで考えがいってしまう……。被害妄想が襲ってくるんです。何が起こっているのかわからなくてパニックに陥ってしまって、“自己破産した”というブログをあげてしまいました。深刻な障害なんですよ

 あくまであれは本心ではなかったようだ。