殺人未遂で逮捕された小松徳子容疑者

 その家の周辺住民は、ここ数か月、満足に寝ていない。

「自宅で安眠できなくなったので耳栓を買いました。悔しいですよ。あの母娘が引っ越してくるまでは静かな住宅街だったのに……」

 と近所の住民は話す。

 神奈川県小田原市で騒音などのご近所トラブルを注意しようとした住民男性Aさん(47)に車で突っ込んだとして、県警小田原署は18日、殺人未遂の疑いで無職・小松徳子容疑者(65)を逮捕した。

 同県警によると、17日午後11時10分ごろ、自宅前の駐車場で車両正面に立っていたAさんに向けて車を発進させ、衝突後にボンネットに乗せたまま車両を前後進させて殺害しようとした疑い。男性は脛とひじに打撲傷を負った。

「助手席には35歳の娘が乗っていた。昨年10月、都内から引っ越してきた母娘は近隣住民とトラブルになっていた。小松容疑者は男性に接触した事実を認めつつ“殺意はなかった”と容疑を否認している」(全国紙社会部記者)

 トラブルのきっかけは風鈴とみられる。複数の近隣住民によると、今年5~6月ごろ、賃貸の一軒家で暮らす小松母娘は2階ベランダにいくつも風鈴をぶら下げ、四六時中、チリンチリンとうるさかったという。

 住民が注意したところ母娘は逆ギレし、風鈴は最高10個まで増え、夜中や明け方に大音量で音楽を流すようになった。'90年代に大ヒットを飛ばした『My LittleLover』の楽曲ばかりだった。

「工事現場で何かをハンマーで叩くような音が聞こえてきたこともある」と前出の住民。

 奈良県平群町では'05年、大音量で音楽をかけて「引っ越し、引っ越し」と布団をはたいた“騒音おばさん”が逮捕されており、小松容疑者は“新・騒音おばさん”になる。