法務局に出された羽賀夫妻(写真右下)直筆の所有権移転の申請書類には、実印が捺印

《被告訴人らの下記所為は、刑法第96条の2の強制執行不正免脱罪に該当すると思料するので、被告訴人らの厳重なる処罰を求める》

 8月22日、沖縄県警察本部あてに送られた1通の告訴状。それは、本誌が今年1月に公にした、4億円ともいわれる不動産を隠して保有していた、元タレントの羽賀研二受刑者と妻であるM夫人に対するものである。

 羽賀は'07年6月に恐喝未遂・詐欺の容疑で逮捕。'13年に最高裁で懲役6年の罪が確定し、現在は沖縄刑務所に収監中だ。

「彼は被害者であるY氏に医療会社の未公開株を“会社が破綻したら責任を持つ”という約束で、元値の3倍である3億7000万円で売却。だが、会社が破綻しても金を返すどころか、暴力団関係者を使って脅し、1000万円に棒引きにする書類に判を押させたのです」(全国紙記者)

 多額の株購入資金をだまし取られたY氏は、代金返還を求める民事訴訟を起こす。昨年10月に大阪地裁は、羽賀に3億9000万円の支払いを命じる判決を出すが、それを不服として控訴。しかし、大阪高裁は5月11日に一審の判決を支持し、控訴を棄却。最高裁へ上告することなく、判決は確定したのだが……。

「彼は一審判決が出たあとの昨年12月27日に離婚。そして、今年1月4日に所有する不動産の権利をすべてM夫人に移し、1月11日に法務局へそれを申請していたことがわかったのです。裁判に負けたから離婚して妻の名義にするなんて、こんなの明らかな財産隠しじゃないですか!」

 とY氏は怒りをにじませる。

 今年の1月31日号で本誌が報じたように、羽賀は故郷の沖縄に商業ビルや一軒家、軍用地など合計16筆の不動産を所有している。しかも、相場より高い家賃で借りる米兵相手の一軒家や米軍基地内の土地など、取りっぱぐれの少ない玄人好みの不動産投資であることも明らかになった。