「産まないことは“逃げ”ですか?」と聞かれたら、あなたはなんて答えますか?

 女性に生まれてきたなら一度は考える「自分と出産」の問題。だけど、産む、産まない、産めない、その選択は人ぞれぞれであり、そこに正解はない。今、コラムニストの吉田潮さんの体験談である「妊活」から「産まない」を選択をした、一冊の本が多くの女性の注目を浴びている。吉田さんが考える、産まない選択、そして、これでよかったと思う人生とはーー。

吉田潮さん

                ◇    ◇    ◇

私は子どもが苦手です

 周囲に子どもがいない家系に育ったこともあり、子どもと、どう接していいのかわからないのです。若いころは必死に「子ども好きアピール」をするという滑稽な自分もいましたが、徒労に終わりました。子どもから好かれたためしがまず、ない。

 ところが、34歳のとき、うっかり「子どもが欲しい病」にかかってしまい、39歳で不妊治療に挑戦しました。「遅いわ!」とツッコまれそうですが、不妊治療に挑む余裕ができた時すでにおすし、いや、遅しだったのです。

 そんな顛末を45歳になった今、1冊にまとめることができました。タイトルは、同じく子どもをもたない友達の言葉から生み出されたもの。子どもを産んだ人が産んでいない人に「それは仕事に逃げているだけだよ!」と言ったエピソードが発端です。

 え……、産まないことは逃げですか……? いったい私たちは何から逃げているように見えるのか、どこへ逃げていると思われているのか。女は子どもを産まなくちゃいけないのか、子どもを産まないと、何か特別な理由が必要になるのか。

「こういうテーマで書くことになったよ」と話したら、実にたくさんの友人知人恩人が意見や体験談を寄せてくれました。「女は産んで当たり前」という目に見えない呪縛に、モヤモヤした思いを抱えている人が多いのだと実感しました。