左上から時計回りに、ローラ、のん、細川茂樹、清水富美加

《黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼をかえしてください》

 6月中旬、ツイッターで自身の心境をこのように綴ったローラ。明るく元気な彼女からは想像できない暗い内容だが、それにはワケがあった。

「暗い内容のツイートをした2か月後の8月22日にローラさんが、20年間の専属契約で不当に拘束されているとして、所属事務所に契約終了を求める申し入れをしたことが報じられました。彼女は10年の長期契約を結んでおり、事務所の社長から“辞めるつもりなら、暴露本を出す”と脅されていたそうです」(スポーツ紙記者)

芸能界にはびこる悪習

 ローラだけではない。現在は“のん”として活動する能年玲奈、宗教団体『幸福の科学』に出家し、“千眼美子”として活動する清水富美加、「暴力をふるった」と、事務所に一方的に契約を解除された細川茂樹など、最近、所属事務所と契約に関してトラブルになる芸能人が後を絶たない。

 公正取引委員会も調査に乗り出したこの問題の根底には芸能界にはびこる“悪習”があった。長年、タレントのマネジメントを担当してきた、ある芸能事務所の幹部は次のように話す。

「なぜタレントとの契約トラブルが起こるのかというと、“事務所がきちんと契約を結んでいないから”というのがいちばんの理由。単純に契約自体を結んでいない場合もあれば、契約を結んでいたとしても、事務所側が細かく内容を説明していない、逆にタレント側が契約書の内容を理解していないままに契約を結ぶことが多いです」

 事務所所属なのに契約をしていないというのは、無名タレントばかりの小さい事務所の話……ではなく、規模の大小や歴史は関係ないという。

「在籍は22年になるけど、書類にサインしたこともないし、契約書なんて見たこともないですね」

 そう話すのは、老舗芸能事務所に所属する中堅お笑い芸人。なぜ、そのような宙ぶらりんな状態のままで活動を続けるのかと聞くと、

「そういうものだと思っています。大御所が動きだしたら、何か変わるのかもしれないけど……」

 と、諦めたように話した。