警察は現在も捜査と取り調べを続けている

 男1人と4人の女が2組に分かれ、連携プレーで新潟市西区にある大型ショッピングセンターの店内を物色していたのは、昨年9月27日の午前11時ごろのことだった。

 手慣れた手つきで商品を手提げバッグに入れ、店外へ。手際のよい組織化された万引き犯の一部始終を目撃していたのは防犯カメラ。売り上げと在庫の不一致を不審に思った店が映像を確認すると、そこには男女5人組の怪しい動きが鮮明に残っていた。

5人の容疑者のうち、4人が家族

 新潟県警は9月6日、窃盗の疑いで新潟市の錺師、霜鳥幸男容疑者(68)とその妻、霜鳥絵美容疑者(36)、妻の母、霜鳥律子容疑者(65)、幸男容疑者の元妻、霜鳥奈千子容疑者(75)、知り合いのパート従業員、細川順子容疑者(50)を逮捕した。

 逮捕容疑の窃盗被害は、

「ハンズフリーで撮影できるウェアラブルカメラ1台(3万円相当)と、男性用ビジネスシューズ1足(1万3000円相当)、男性用デニムシャツ(3000円相当)の3点」

 と捜査関係者は明かし、

「ただし、現物は発見されていません」

 売却した可能性も否定できない。余罪についても捜査中という。

 5人の容疑者のうち、4人が家族、まさに泥棒一家だ。

 近隣の主婦によると、

「前の奥さんは別のところに住んでいるのに、毎朝早く霜鳥さんの家に来て、夜遅くに帰っていました。パート従業員の女性もいつも一緒です」

 と、同居していると思えるほどの親密さを証言する。

 5人が生活していたのは、JR新潟駅からバスで15分ほど、昔ながらの農家と新興住宅が混在する一角の借家。

 容疑者一家は10年ほど前に引っ越してきたという。

 地域では飼い犬の散歩をする霜鳥容疑者がたびたび目撃されており、その傍らには絵美容疑者が寄り添っていた。

「霜鳥さんの娘さんだと思っていたんですが……」

 と前出の主婦も驚いた表情を隠さなかった。行動をともにしていた若い女性が娘でなく実は妻で、周囲が妻だと思っていた人物は妻の母、さらに元妻までが加わったという家族構成。そこに知人女性もがプラスされているのだから不可解極まりない。さらに、

「(元妻の)奈千子は、離婚後も名字をそのままにしていた。絵美の母の律子は、娘の結婚後に養子縁組して、名字を霜鳥にそろえたらしいです」

 と、捜査関係者。

 元妻が離婚後も結婚時の名字を名乗ることは多いが、結婚相手の親を養子縁組して同じ名字にする理由は何なのか。

 逮捕のニュースは、さらに近隣住民を驚かせた。

「霜鳥さんは腰が低くて親切。隣組の組長もしている、しっかりした人なのでびっくりしました」

 と近所の男性。“あんなにいい人がなぜ事件を?”という驚きの声は方々から聞こえた。中には好印象を持っている住民もいた。

「霜鳥さんは動物も子どももお花もお好きで、いつもハキハキしていて元気で、爽やかな人という印象でした。身長は165センチくらい。きちんとした角刈りで、作務衣などの軽装。スーツ姿は見たことがないので、お勤めしている人ではないと思っていました」

 と、近隣の主婦。

 町会の活動や街の美化にも積極的だったという。