『監獄のお姫さま』より。(c)TBS

宮藤が大好きな女優たちが集結

『逃げるは恥だが役に立つ』『カンナさーん!』などで注目されたドラマ枠に、宮藤官九郎が脚本を手がける“おばさん犯罪エンターテインメント”が登場。

 その名も『監獄のお姫さま』(TBS系 火曜 夜10時~)は、同局連ドラ主演16年ぶりの小泉今日子が、宮藤とタッグを組む話題作。ふたりは、NHKの朝ドラ『あまちゃん』以来、4年ぶり。

 共演者も豪華で、満島ひかり、夏帆、坂井真紀、森下愛子、菅野美穂ら、錚々(そうそう)たる顔ぶれがそろう。

 宮崎真佐子プロデューサーは、制作の経緯についてこう話す。

“大好きな女優さんがたくさん出てきて、みんなでワイワイしゃべるような話がやりたい”という宮藤さんの希望から始まりました。女子刑務所なら女性しか出てこないから、面白くなるんじゃないか、と。まず、宮藤さんの好きな女優さんたち、舞台設定は完全に後づけです(笑)。女性たちが集まったときの話題には、男性の話にもなるので、唯一のイケメンとして、民放の連続ドラマ初出演の伊勢谷友介さんに登場してもらいました」

 小泉ら女優陣は、年齢的には“おばさん”でも、そのイメージがないのに、あえてキーワードにしたという。

すごい女優さんが火花を散らして演技合戦するような、敷居の高いドラマにしたくなかったんです。見ている方にも親しみをもっていただきたく、“おばさん”を多用しています!」(宮崎P、以下同)

 物語は、主人公の馬場カヨ(小泉)が勝田千夏(菅野)や大門洋子(坂井)、足立明美(森下)とイケメン社長の板橋吾郎 (伊勢谷)の誘拐を企てるところから始まる。

 女子刑務所で出会った彼女たちは、吾郎に真実を語らせ、今も収監されている仲間の江戸川しのぶ(夏帆)の冤罪(えんざい)を晴らそうと思っていた。

 周到に計画していた復讐劇だが、不測の事態に大混乱。慌てて、刑務官の若井ふたば(満島)に泣きつく。

 女子刑務所でスパルタ教官だった若井は、本当に彼女たちの味方になってくれるのか?

カヨの目的は、吾郎に真実を告白させることだった。(c)TBS

「誘拐実行中の現在と、彼女たちが服役していた5年前の刑務所が交錯しながら物語は進んでいきます。何げないひと言が伏線になっていることも。

 女子刑務所にありがちな女性同士のいがみ合いやバトルも登場しますが、見どころはそこではなく、むしろ女性たちの友情。仲間の冤罪を晴らすため、青春時代に戻ったかのように一生懸命になります。

 ぜひ、女の友情をお楽しみください」