吉岡里帆 撮影/佐藤靖彦

私より1か月先に生まれた“お姉ちゃん猫”がいて、ずっと猫がいる環境で育ってきました。実家ではだいたいいつも8~10匹くらいは飼っていて、多いときは15匹いたときも。家を引っ越すときは、“猫が走り回れるようにまずは庭が広いところにしよう”って家族で一致団結、常に猫ちゃん優先でしたね(笑)」

 “猫愛”を語りだしたら止まらない、大の猫好き女優・吉岡里帆(24)。そんな彼女が映画『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』でナレーションを務めることになり、“念願でした”と大喜び!

「“ネコ歩き”は19歳のころから見ていたし、私自身、ずっと岩合さんの大ファンだったんです。以前『スタジオパーク』(NHK)に出演させていただいたときに、シークレットゲストに岩合さんが来てくださって。私が撮った猫の写真を岩合さんが鑑定するっていう夢のような企画でした(笑)。それからいつか一緒にお仕事したいと言っていたので、その夢がついに叶ったんです」

 決められた言葉を淡々と話すのではなく、セリフ決めの段階から参加させてもらったと大興奮。

「猫は気高いところ、生き方がカッコいい!」と魅力を語るが、自身も“猫っぽい”と言われることが多いとか。

マイペースなところが似ているのかな。あとは……私“睡眠”に弱いんです

 最近は仕事終わりの22~23時から、運動不足解消のためにトレーニングもしているそうで、めっきり朝が弱くなったとか。

「もう帰ったらクタクタ。その結果、猫みたいにどこでも寝れてしまうんです。けっこう野性タイプで、どこでも生きていける感じ……なんて言い方したら、猫ちゃんに怒られちゃいますね(笑)」