主婦目線を大切に、晴れて新人市議会議員になった智子(篠原涼子)。(c)フジテレビ

正義の味方ではない“突拍子もない女”

『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系 月曜 夜9時~)は、意外にも“月9”初主演の篠原涼子が繰り広げる、痛快市政エンターテイメント。

 トレードマークのロングヘアを惜しげもなくバッサリ切った篠原が演じるのは、新米女性市議の佐藤智子。転職を繰り返すフリーターの夫(田中圭)に代わって家計を支える1児の母だが、ある日突然、パートを解雇された。

 就活中の彼女が目にしたのは、年収950万円という市議会議員の高額報酬。40代、学歴、資格なしでも市区町村議員の当選確率は80%超というデータ(2010年NPO法人ドットジェイピー調べ)を知り、その気になった智子は“高額報酬=家族の幸せ”と信じ、あおば市の市議会議員に立候補。手作り感あふれる選挙戦で当選し、晴れてあおば市議会議員に。

 智子は市民の声と向き合い、市政にはびこる悪や社会で起きている問題を、素人目線、女性目線で痛快にぶった斬っていく。智子とともに市議会選挙を戦ったライバルを高橋一生、斎藤司(トレンディエンジェル)、市議会のドンを古田新太、ママ友を石田ゆり子がそれぞれ演じる。

智子は、悪を成敗する清廉潔白な正義のヒロインではないんです。清く正しいだけでなく、間違うし、失敗もする。石田さんが演じる平田和美のナレーションに“世の中、突拍子もないことが起きる”とあるのですが、智子をひと言でいうと、まさに“突拍子もない女”。これをタイトルにしてもいいくらいです(笑)

 と、草ヶ谷大輔プロデューサー。

市議会で居眠りする議員を注意する智子。これが問題の引き金に…。(c)フジテレビ

 そもそも社会問題や政治に興味がないのに市議会議員に立候補するところからして突拍子もないし、第2話(10月30日放送)では、議会のドン相手に突拍子もない行動に出る。

でも、彼女の突拍子のなさは、思いつきや勢いではない。“もっと幸せになろうよ”と、確固たる信念のもとの決断なんです。本作では、右も左もわからなかった新人市議会議員の智子が、自分の市で起きている問題、市政のおかしなことなどに直面して政治のあり方、政治家としてどうすべきかを考えていく姿を描いていますが、彼女がのし上がっていくものではありません。ヒーローものは、主人公が事件や問題を解決していきますが、本作では、智子が突拍子もない行動で乗り越えたことが周りに伝わり、結果的にヒロインとして浮かび上がってくるという構造です。“智子ならどうするか”という問題が毎回、起きますので、ぜひ、ご一緒に彼女の“突拍子もない”行動を予想してください」(草ケ谷P、以下同)