ジェジュン 撮影/廣瀬靖士

 ソウルでの初取材から約1か月で、再び取材が叶った本誌。

 日本のアーティストとのステージは8年ぶりとなった音楽イベント『テレビ朝日ドリームフェスティバル2017』の開演直前にもかかわらず、「お久しぶりです」と笑顔で挨拶してくれたジェジュン(31)の素敵すぎるビジュアルと、ハートをお届けします。

――2月のコンサートから、約8か月ぶりのさいたまスーパーアリーナのステージです。

「緊張します。しちゃいますね(笑)。今回は、セットや持ち時間が決まっているので、構成を考えるのが難しかったです。ほかのアーティストさんのファンの方々もいらっしゃると思うので、自分のいい要素を魅せられるように頑張らないといけないなと思っています」

――今後の日本での音楽活動の予定は?

「まだ、決まっていることではないんですが、来年のアタマくらいに日本語のCDが出せたらいいなと思って準備をしています。新曲が聴きたいと言ってくださる方が多いので。自分で、作詞や作曲もしています。でも“絶対に僕の曲”っていうことじゃなくて、もっといい楽曲が出てくれば、その曲を使ったほうが、みなさんにもいいので(笑)。

――イベント出演の少し前から来日していたようですね。

「最近、写真を撮るのが好きになって、ちょっと休みの時間ができたので、東京に来る前に地方を撮影旅行していました。大阪や京都のお寺に行ったり(大阪城や、松尾大社のおみくじで大吉を引いた写真をインスタに投稿)、嵐山モンキーパークいわたやまに行ったり。

 別にサルが好きだから行ったわけじゃないんですよ(笑)。プライベートで行ったことのない場所で撮影がしてみたいと思って。あと、街中をふつうに歩いていた舞妓さんや芸妓さんを撮ったのも、すごく新鮮でした」