ジェジュン 撮影/廣瀬靖士

 約2年ぶりとなるジェジュン(31)主演の連続ドラマ放送が、ついに始まる。これまで、作品の中ではあまり見ることのなかったコミカルな姿も披露している今ドラマ。誰よりも撮影現場にいたというほど、全力で臨んだドラマのこと、そして、最近興味を持っていることなど、いまの彼をたっぷりご紹介!

 少し肌寒さを感じる9月下旬の韓国。昨年12月30日の除隊から、初の復帰作となる主演・連続ドラマ『マンホール~不思議な国のピル~(原題)』の撮影が佳境に入る中、本誌初となるジェジュンの取材が実現した。

 ドラマの撮影中、手をケガしたことについて「そのとき、ものすごくつらかったのは痛みではなく、自分のケガのせいで撮影が延期されるんじゃないかということ」と語ったジェジュン。

 この日の撮影でソファに腰かけてもらったとき、安定性が悪く、一瞬、前のめりになった彼。“大丈夫ですか?”と声をかけると、「大丈夫です」と心配させたことが申し訳ないという表情を向けられたことが印象的だった。そして、モニターに映る1カット、1カットのどれもが息をのむほど素敵だったことも。

 その後、おこなわれたインタビューは、すべて日本語で。最初は、ちょっと控えめに、こちらの様子を見守るように。すぐに、心地よい距離感で、ときに冗談を交えながら、ユーモアたっぷりに話してくれた。

「日本のみなさんもドラマをご覧になっていただける、そのこと自体が、まずうれしいんです。待っていてくださる方がいるから、日本でも放送されることになったと思うので。みなさんからの声援とパワーをもらいながら、感謝の気持ちで一生懸命、撮影を頑張っています」

 約2年ぶりに俳優としてのジェジュンを見ることができる今作。どんなところに惹かれ、出演を決めたのかを聞くと、

ジェジュン 撮影/廣瀬靖士

「いろいろな作品を検討しました。その中で、タイムスリップしていろいろな姿に変わる様子をお見せできること。

 そして、変わった姿で感情表現をしていく……、なにかひとつのキャラクターに限定されず、さまざまな人物を演じることができる点に期待して今作を選びました」

 ジェジュンが演じるフリーターのポン・ピルは、28年もの間、片思いし続ける幼なじみのスジンが結婚すると聞き、なんとか結婚を阻止しようと行動を起こす。

 その矢先、偶然、マンホールに落ちたことで、なんと1週間前にタイムスリップしてしまう。それ以降、本人が思いもしないところへタイムスリップを繰り返し、そのたびにピル本人にも変化が起こる。

「いろいろなジャンルが組み合わさった、ファンタジー・コミック・アドベンチャー作品なんです。タイムスリップするたびに、ピルがどこにどんなキャラクターで現れるのかわからないところが、このドラマのポイント。

 ピル以外のキャラも、タイムスリップしたタイミングによって、年齢も職業も性格も変わる。最初は、現実でも起こりそうな感じなんですけど、どんどん展開が加速していって……。どうなるのか先が読めない作品ですね」