左から赤澤燈、崎山つばさ 撮影/齋藤周造

 昨年春、短期間の上演ながら好評を得た舞台『クジラの子らは砂上に歌う』が、来年1月に再演される。初演に引き続き出演する主人公チャクロ役の赤澤燈さんと物語の主要人物スオウ役の崎山つばささんに、舞台『クジ砂』への熱い思いとその魅力を聞いた。

──再演が決まったときの心境は?

赤澤 正直やると思わなかったのでびっくりしましたけど。でも“やるならやっぱり僕らがやらないとな”っていう思いはありました。

崎山 僕も驚きました。初演はお客様への認知が低いところからスタートしたのですが、最終的には、千秋楽で満席になって。僕らとしてはいちばんうれしい形で幕を閉じることができたんですけど、それが再演されるっていうのは、とてもうれしいですね。考えられないことではあるので。

赤澤 結果として、演劇の力を感じる芝居を作ることができたことは、とてもうれしいです。

──今作の魅力とは?

赤澤 壮大なテーマの作品ではあるけど、砂だけあれば表現できちゃう世界だから、すごく舞台向きな作品だと思うんですよね。

崎山 だから身体で表現するみたいなのが多くて。使えるものは全部使うっていうのが演出の(松崎)史也さんのやり方で、僕らもそれにのっとって考えながらやっていくのが、『クジ砂』ならでは。

赤澤 少年少女たちの物語なんだけど、生と死がテーマになっていたりもするので意外に重いんですけど、原作も素敵な話なので。

崎山 僕らが何を伝えたいのかを本気で考えなければいけない作品だと思って、やってましたね。

──それぞれの役を再演でどう深めたいですか?

崎山 初演ではスオウの性格とか思いとか信念を大事にしてたんですけど。大切に思っている“泥クジラ”の民が亡くなってしまうことに対してのやるせない気持ちとか、何もできなかったという悲観的な部分を担当することが多くて。そこに重きを置いた感情のほうが強かったので。今回は単純に人が亡くなってしまって悲しいとかじゃなくて、もっと深いところを稽古(けいこ)をしていくなかで緻密(ちみつ)に作っていけたらと思います。

赤澤 初演は、チャクロが大切な人の死を乗り越えて成長していく過程を表現しながら、自分も一緒に成長していければいいなと思って演じていました。今回は再演をやる意味を考えると、僕らもだんだん大人になってきたので、新しいアプローチをしていきたいですね。