体幹トレーナー/ベビー&スマイル主宰 露木由美さん

「赤ちゃんが用もないのに泣くのは歪みがあって苦しいから。体幹を整えてあげれば、心身ともに健やかでいられるんです」こう語るのは、自ら4人の子どもを育てるシングルマザーであり、体幹トレーナー/ベビー&スマイルを主宰する露木由美さん(50)。いじめられ続けた少女時代、のめりこんだローラースケート、エアロビ全日本優勝、タレント活動を経て2度の結婚、離婚、DV夫からの夜逃げ同然の脱出、自宅で開いた赤ちゃん教室──壮絶かつ、さまざまな体験を経て結実した、自立した人生を送るためのメソッドとは?

  ◇   ◇   ◇  

 11月某日。ママと赤ちゃんのための教室「ベビー&スマイル」を主宰する露木由美さんは、ママたちや赤ちゃんを見るなり、「よく頑張ってきたね。大変だったでしょう?」と声をかける。「子どもは、泣くのが仕事」「子どもが小さいうちにママが眠れないのは、当たり前」という風潮の中、日中は子どもと2人きりで子育てして孤立無援状態だったママは、露木さんのこのひと言で泣き出してしまう人も多い。その後、「夜泣きがひどくてしんどかった」など次々と悩みを打ち明ける。

 露木さんは、「1歳までに体幹を整えると、人間が本来持っている健やかな身体と心を存分に生かして豊かな人生を送ることができる」という信念のもと、生まれたばかりの赤ちゃんの背骨が描く「Cカーブ」をサポートすることや、ハイハイの重要性など、赤ちゃんが実践すべきことを「体幹メソッド」として体系づけた。口コミでどんどん広まり、これまで、延べ2000人のママたちに受講された。

 寝返りをうつ、うつぶせになる、ずりバイをする、ハイハイをする。赤ちゃんは反射がDNAに組み込まれているため、それぞれの成長過程を習得できる。この過程で、反射を出し切るには、その時期がきたときに、赤ちゃん自らが“やってみる”ことだと露木さんはお母さんに力説する。

「赤ちゃんをサポート椅子に座らせる必要はありません。ずりバイで、ハイハイで、あのおもちゃをつかみたいから一生懸命に手をのばす。その繰り返しが大事なの。何度も“やってみる”ことが身体、脳、心にいい作用を及ぼし、エネルギッシュに生きる土台を作るからです。だから無理に赤ちゃんをお座りさせると身体の使い方を学ぶ貴重なチャンスを奪うし、なんでもママが“やってくれる”から受け身になりチャレンジできない、すぐに諦める子になってしまうことがあります」

 自分の人生は自分で切り開き、輝いた人生を送ってほしい──そんな思いが根底にある。露木さんは4人の子どものシングルマザー。長女は、学生起業家を輩出している、世界的に有名なインドネシアにあるグリーンスクールに通い、長女を含む3人の子は小学生のときに1~2年間の山村留学を経験し人間力を磨いて帰ってきた。「自分の子どもの教育も、赤ちゃん教室と同じように『その人らしく生きることができる自立した人』に育てる実践をしてきたのかもしれません」と笑う。

 彼女の半生も、「自立」と「体験」の連続だった。露木さんは興味があることは即座にチャレンジし、時にどん底に落ちながら、もがきながら、わが道を切り開いていったからだ。