司会をつとめる有村架純と内村光良

 12月29日から渋谷・NHKホールで行われている『第68回紅白歌合戦』のリハーサル。初紅白に緊張した面持ちの歌い手たちがいるなかで、舞台慣れした面々もたくさん。本番も迫った31日、そんな彼らの“ゆる~い”舞台裏エピソードを一挙大放出!

 NHKの総合コント番組『LIFE~人生に捧げるコント~』で共演する司会・内村光良とのコラボにも注目が集まっている星野源。3度目の出場ということもあって、リハーサルでも余裕の表情。

 歌合わせに入っても終始リラックスムードの星野。そばにいた女性スタッフが指を回しながら“巻き”の合図をほかのスタッフに送っている様子を見て、

彼女の指の仕草が気に入ったようで、その動作を真似しては笑みを浮かべていました」(取材していた女性記者)

 その後も星野はお気に入りとなった女性スタッフを“ロックオン”。

「本番ではドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)の主題歌になった『Family Song』を披露するのですが、“あなた”という歌詞に差し掛かると、その女性の方を振り返り、ノセようと煽っていました」(同・取材した女性記者)

 のちの囲み取材では「リハーサルではまったく緊張することなくできたのですが、本番では内村さんと一緒に緊張しているかもしれないです」とコメント。

 本番も緊張せず、視聴者に神対応を!

城島茂「カメラに映るんやからとっときや」

 場慣れといえば、こちらはもっとスゴい。SMAPを抜き、ジャニーズ歴代最多となる24回目の出場を果たすTOKIOだ。 '20年の「東京オリンピック・パラリンピックフラッグツアー」のスペシャルアンバサダーにも任命されている彼らが披露するのは、代表曲『AMBITIOUS JAPAN!』。

 今年は長瀬智也山口達也のツインボーカルが予定されている。

「山口さんはリハーサル中、少し声を出しにくそうに歌っていました。演奏が終わっても“アンビシャース”“会いたくて 会いたくて”とフレーズを繰り返し口ずさんでいましたね。

 それを見た長瀬さんが音響スタッフに“イヤモニの音が聞こえやすいようにしてほしい”と注文を出していました。メインボーカルに慣れていない山口さんを、長瀬さんがリードしているといった印象を受けました」(取材した男性記者)

 言葉を交わさなくてもお互いを理解し合うメンバーたち。記者会見でも貫禄を見せつけていたという。

「どの質問にも回答する姿勢に、さすが! と思いましたね。国分太一さんが“司会は嵐のところで回っていて自分たちにこない”と自虐ネタで取材陣を盛り上げたかと思えば、山口さんは“(離婚したので)養育費を払わなきゃいけないので15年は働かないと”など、ぶっちゃけ発言を連発。みんな爆笑していました」(スポーツ紙記者)

 そんな会見の直前に“ありのまま”の姿が目撃されていたのは松岡昌宏。