石原さとみ 撮影/廣瀬靖士

「30代になって、自分から能動的に動けるようになったんです。だから今は仕事もプライベートもすごく楽しいですね」

 デビューして15年。年齢を重ねるたびに魅力を増している石原さとみ(31)。『ホリプロタレントスカウトキャラバン』のグランプリで華々しくデビュー。順調にステップアップしているように見える彼女だが、冒頭の言葉を言えるようになるまでに、人知れず挫折も経験したと振り返る。

「お仕事を始めたころは、好奇心でいろいろとやらせてもらっていましたね。スタッフさんの頑張りもあって、コンスタントにお仕事はさせてもらっていたけど、21歳を過ぎたころからCMや雑誌のレギュラーがなくなって……。その時期は毎日泣いていたこともあったし、こんな私を誰も好きになってくれるとは思えなくて、すべてが投げやりになっていました

 そんな彼女がポジティブになったのは、25歳を過ぎたあたりから。

「お休みをいただいたことで、深呼吸ができたんです。その時期に恋愛も経験したし、ひとり暮らしを始めて、親のありがたみもわかるようになって。それで25歳を過ぎてから、可愛くなりたいとメイクやファッションに興味を持ったり、お仕事ドラマに挑戦したいという夢を持ち、行動するようになったら叶っていったんです。今思うと、仕事がなくなった時期があったから得られたこともたくさんあったので、挫折を経験してよかったと思います」

 そんな彼女の夢のひとつだった職業ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)では、法医解剖医役を演じている。

「最初のころはどういう役柄か迷っていたので、クランクイン前はすごく不安だったんです。松重豊さん演じる所長に怒りをぶつけるシーンがあるのですが、優しさベースで悲しみややるせなさを含んだ演技をしたときに、監督に褒められたんです。そこで、今回演じるミコトのキャラクターが明確になりましたね」

 さまざまな役柄を演じ分けることに定評がある彼女が、“ナチュラル”になれる時間とは?

「5歳のころから知っている幼なじみが周りに多いのですが、ここ2~3年でまた会う機会が増えたんです。叱ってくれる子もいるし、無理しない関係性っていいなって。学校卒業後は仕事関係の人と会うことが多かったけど、こうして帰る場所があるのはすごくうれしいです」