振り袖姿の小島さん(仮名)の娘。前撮りした写真は届かず、はれのひに預けた振り袖も行方不明(小島さん提供)

 “事件”後も「はれのひ(株)」の篠崎洋一郎社長は雲隠れしたまま(1月13日現在)。その姿が最後に目撃されたのは、昨年12月27日のことだった。

 成人の日の着付け会場として同社が予約した神奈川・横浜市内のホテルに、ひとりで現れたという。

「計画された破綻」

「10分から15分くらいでしたか会場を見ていきました。過去3年契約し、費用もちゃんとお支払いいただいていたので、今年も契約しました。ただ、期日の12月29日までに約100万円の会場代はお支払いいただけませんでした」と同ホテル担当者。

 社長の来場が、本当に着付けを実施するための下見だったのか、あとあと刑事事件に発展した際に詐欺のつもりはなかったと主張するためのアリバイ作りだったのかは、本人にしかわからない。同会場には成人式前日、7日の夜10時から振り袖の搬入予定だったが、従業員の姿はなし。連絡をしても音信不通、振り袖は運ばれてこなかった。

 翌朝、契約した新成人から「店側と連絡がとれない」といった被害相談が各地の警察や消費者相談所に相次いだ。式当日に振り袖レンタルなどの業者「はれのひ」(全国4店舗)が、行方をくらましたのだ。かろうじて営業したのは福岡店とつくば店のみ。それ以外の店舗は音さたがない。

 中小企業診断士で起業家バンク代表の前薗浩也氏は、こう断罪する。

「今回の件は、計画された破綻と考えます。資金難による経営破綻は、数か月前に予測できます。この会社は2017年9月期に粉飾決算をしている様子なので、その時点で破綻を予測できたはずです」