テレビを見ていて「ん? 今、なんかモヤモヤした……」と思うことはないだろうか。“ながら見”してたら流せてしまうが、ふとその部分だけを引っ張り出してみると、女に対してものすごく無神経な言動だったり、「これはいかがなものか!」と思うことだったり。あるいは「気にするべきはそこじゃないよね〜」とツッコミを入れたくなるような案件も。これを、Jアラートならぬ「オンナアラート」と呼ぶことにする。(コラムニスト・吉田潮)
有働由美子アナ

 

オンナアラート#10 NHK有働由美子アナ

 事件や政治・芸能スキャンダルは一切扱わないものの、女の本音と雄叫びがギュッと詰まった内容構成で、朝の番組としては幅広い人気を誇ったNHKの『あさイチ』。

 名コンビの有働由美子アナとイノッチがこの春卒業すると聞いて、アラートが鳴った。「人気と実力のある人材をおろすNHKの魂胆」に、モヤモヤしたのである。

 有働アナは2010年3月からスタートした『あさイチ』を人気番組として、けん引した最大の功労者だ。もちろん、開始当初は「朝から有働アナがはしゃぐ姿が鼻につく」「NHKらしからぬ」などの批判の意見も多々あった。私も最初は「有働さんのハイテンションに、朝からエネルギー消耗させられるわぁ……」なんて思っていた時期がある。

 ただし、有働アナは「ワキ汗」というキーワードで、全国のたくさんの女性たちを味方につけた。ある視聴者から「ワキ汗が見苦しい」なる意見が寄せられたが、逆にこれを企画として立ち上げ、逆手にとって話題をかっさらったのだ。生理現象であるワキ汗の何が悪いのか、という意見も交えつつ、「みんなが悩んでいる、些末だけど大問題」として、俎上(そじょう)に載せたのだ。

 ほかにも「セックスレス」や「腟のゆるみ」、「尿失禁」に「更年期」、「DV夫」に「モラハラ夫」など、女性たちがひそかに抱えている悩みを逐一取り上げ、広くあまねく問題提起をしてきた。

 あ、もちろん有働アナが企画を出したワケではないと思うが、おそらく優秀で、女性の心の闇に敏感な女性スタッフが多かったのだろう。そこに有働アナの「虚飾しない、あけすけなおばちゃん(でも心はちょっぴり乙女)」キャラが心地よくフィットしていたのだと思う。

ヨゴレ役も買って出る、アラフォー独身女が潤滑剤

 さらに言えば、ジャニタレでその辺に転がってるお兄ちゃんキャラだったイノッチを、素晴らしき大人の男性MCとして育て上げたのも、有働アナではないかと思っている。当初、イノッチはほのぼの感と脱力感だけが売りだったはず。今や芸能界で一番、女性の気持ちに寄り添うことができるジャニタレとして君臨。本人はあくまで控えめだけどね。

プライムチャンネル