(左から)NHKの杉浦友紀アナ、桑子真帆アナ、有働由美子アナ

 アナウンサーだって勤め人。我らサラリーマンと同様に、査定もあれば昇格もあるし、さらには異動もあるんです。

有働由美子アナが『あさイチ』を降板

 今や質量ともに民放を圧倒するNHKの美女アナ軍団。そのトップ7、通称“神セブン”の顔ぶれが、春の番組改編とともに大変動することになる。“震源地”の一つとなったのが、3月いっぱいで『あさイチ』を降板する有働由美子アナ(48)だ。番組スタートから丸8年で卒業する彼女だが、『あさイチ』は今も同時間帯の視聴率トップをひた走る超優良コンテンツ。「当初、報じられた“プライベートを充実させたい”という降板理由は有働アナ本人が否定。“プライベートは充実してますから”と自信たっぷりでした(笑)」(テレビ誌記者)

 ワキ汗を番組で取り上げ、インスタグラムではセーラー服コスプレを披露するなど、NHK女子アナの殻を大きく破ってみせた有働アナ。「去就が気になりますね。私はフリー転向もあると見ています」と言うのは芸能評論家の平林雄一氏で、「彼女は出たがりなので管理職には向きません。NHKで出世するコースよりも、思いきって民放で勝負する道を選ぶのではないでしょうか。5歳年下の子持ちバツイチの実業家の恋人とは破局説もある一方、続いているという話もある。フリーになれば遠距離恋愛の問題も解決しますしね」

 エッセイストの下関マグロ氏も、「有働アナならフリーになっても引く手あまた。ぜひ民放で下ネタ満載の『よるイチ』をお願いしたい」と期待のコメントだ。一方、辛口で知られる評論家の小沢遼子氏は、「有働さんは個性豊かな魅力的な人。うなずいているだけの従来のNHK女子アナのスタイルを一変させた功績は大きいと思います」と語る。いずれにせよ、春以降は有働アナの一挙手一投足から目が離せない。

当記事は「日刊大衆」(運営:双葉社)の提供記事です

後任の近江友里恵アナは博多華丸・大吉と共演

 その『あさイチ』司会を有働アナから引き継ぐのが『ブラタモリ』の近江友里恵アナ(29)。やや天然の、とっぽいキャラで知られる近江アナを、有働アナの後釜に据えるとはNHKもなかなかのもの。「なにしろ近江アナは『おはよう日本』にブラウスを後ろ前に着たまま出演してしまったという、豪快な逸話の持ち主ですからね。一方『ブラタモリ』で温泉地に行くと彼女の足湯がお約束。ふくらはぎが意外に太くて肉感的なんです。共演する博多華丸・大吉と一から新しい番組を作っていってほしいですね」と、芸能ライターの織田祐二氏がエールを送る。

 ちなみに、近江アナが抜けた『ブラタモリ』の5代目アシスタントには林田理沙アナ(28)が起用される。「林田アナは東京芸大大学院卒で絶対音感の持ち主。春から東京アナウンス室に異動になり、福岡放送局では近江アナの後継者として『ロクいち!福岡』を担当していました」(前出のテレビ誌記者) これを機に大ブレイクするに違いない。