19歳の羽生と新井元支配人('14年6月撮影)

 平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で金メダルを獲得した羽生結弦は、会見で被災地に心を寄せた。

羽生のリンクへの思い

「自分が(ソチ五輪の)金メダルを持って被災地の方々にあいさつしたときに、たくさんの笑顔が見られたので、今度はちょっと自信を持って、みなさんにまた笑顔になってもらえたらいいなと思っている」

 宮城県仙台市。そこには羽生のホームリンク『アイスリンク仙台』がある。2011年3月11日、羽生はそこで練習中に被災した。

 地震発生時、JR仙台駅近くで営業活動をしていたという当時の支配人、新井照生さん(54)は、慌ててリンクへ戻ろうとしたのだが……。

「車で30分程度で着くところが、2時間近くかかりました。私が戻ったとき、羽生君はいませんでした。地元のスケートクラブのOBの方に助けてもらったそうです」

 幸いなことにケガ人はいなかったが、ベンチや貸し靴棚が倒れ、壁には亀裂が入っていた。約1か月後、余震が亀裂を深め、ひび割れた壁がリンクに落下してしまった。

「リンクに氷を張っていないとき、氷を凍結するパイプがむき出しになっているんです。その上に壁が崩れ落ち、破損してしまいました。おまけに電力不足で、アイスリンクを復活させてほしいとはとても言えませんでした

 と新井元支配人。再開ができたのは、同年7月だった。

 羽生も、再開を喜んだ。

「“ありがとうございます”とあいさつしてくれてリンクを確かめるような感じで滑ってました」(新井元支配人)

 同リンクは昨年12月、リニューアルオープンした。羽生が、音響設備を改善するようアドバイスをした。これ以外にも著書『蒼い炎』『蒼い炎II』の印税を全額寄付したりと、同施設への思いの強さがわかる。