チバニアン斜面には赤、黄色、緑の札が張られて、磁気変動の地層が説明されている

『チバニアン』で一躍話題の千葉県市原市。ところが地元で新名所にちなんだ土産物などはほとんど見当たらない。その事情を掘り下げてみると……。

 積雪の影響か、例年より少々遅れていた千葉の県花“菜の花”が咲き始めていた。

 観光シーズンが始まる3月17日からは、房総半島を走る小湊鉄道が、桜並木と一面の菜の花畑を望めるトロッコ列車を運行する。そんなのどかな観光スポットに今年、歴史的“名所”が加わりそうだ。

「約77万年前に地球の磁気が逆転した痕跡を示す『千葉セクション』と呼ばれる地層です。これまで地球のS極とN極は、360万年の間に11回逆転したとされますが、その最後に逆転した地層が確認できるのが“チバニアン”なのです。

 ラテン語で“千葉時代”を意味する言葉ですが、今や地層を含めた一般的な呼称になってしまいましたね。今年中には国際地質科学連合に正式認定される見通しで、いよいよ本格的な“チバニアンブーム”が訪れることでしょう」(全国紙記者)

 この年代に対して、イオリア海にちなんだ“イオリアン”を主張するイタリアとの申請“合戦”が行われたのが昨年6月。

 そして11月にチバニアンが打ち勝ち、国際学会の1次審査を通過したことが発表されたのだった。3段階の審査を無事に通れば、チバニアンとして地球史に正式に認定されるのである。

 とはいえ正直、“磁気が逆転した地層”と言われても、何がスゴイのか素人にはよくわからない。が、恐竜が生息したジュラ紀や白亜紀と並んで教科書に載るのは“モノスゴイ”ことだと思う。

 そこで記者はチバニアンを見るべく、千葉県市原市へと向かったのだ。

東京から「チバニアン」までどれくらいかかるのか

 東京駅から電車に揺られて約1時間、到着したJR五井駅から乗り換えるのが小湊鉄道だ。同社のホームページを確認すると、チバニアンへは上総牛久駅で降りてタクシーに乗るか、最寄りの月崎駅で下車。徒歩40分とある。迷わずタクシーに乗った。