亡くなった結愛ちゃん(左=Facebookより)

「なんで助けてあげられなかったんやろう。なんで結愛がこんな目に遭わないかんのか。自分たちの無力さに落胆して泣き暮らす毎日です。助けてあげられなくてごめんね」

実父の祖父母が語る

 涙を必死にこらえながら心情を明かしてくれたのは、船戸結愛ちゃん(5)のひいおばあちゃん(71)だ。結愛ちゃんの実父の祖母にあたる。

 孫(結愛ちゃんの実父)は幼いころ両親が離婚したため、祖父母が引き取って親代わりとして育てた。祖父母から見れば孫は子どものような感覚で、ひ孫の結愛ちゃんは孫のような存在だった。

「どっちが悪いかわからんが、(孫夫婦は)3年前に離婚したんや。でも母親は結愛のことを大事にしていたし、結愛も母親が大好きやった。この子に結愛を預ければ大丈夫と思っていたのに……。離婚で犠牲になるのは子どもや。2度とうちの敷居はまたぐなって怒鳴ってから、最近はめっきり孫は寄りつかんのです」

 と、結愛ちゃんの曽祖父(72)は悔しがる。

「結愛の母親が再婚して、実の子どもができたら、やっぱり連れ子やから大切にしてもらえんのじゃないかと心配しとった。まさか本当に犠牲になるなんて……」

 曽祖父の嫌な予感が的中してしまった。

 警視庁は今月3日、結愛ちゃんの義理の父で無職の船戸雄大容疑者(33)を、傷害の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は2月下旬、目黒区内の自宅アパートの室内で、結愛ちゃんの顔面を拳で殴るなど暴行を加え、全治不明の傷害を負わせたもの。

「今月2日、結愛ちゃんが息をしていないことに妻が気づき、船戸容疑者が119番通報した。容疑者はシャワーで水をかけ暴行を加えたと、容疑を認めています。結愛ちゃんの身体にはあざがあり、日ごろから虐待していたと思われます」(全国紙社会部記者)

 結愛ちゃんは病院に救急搬送されたが、同日午後6時59分、死亡が確認された。