ユチョン (c)2018C-JeSEntertainmentCo.,Ltd.Allrightsreserved.

 ユチョン(31)が、除隊後初、約3年ぶりのファンミーティング『2018 PARK YUCHUN FANMEETING & MINI CONCERT IN JAPAN '再会 remember the memories'』を開催。

昨日はいっぱい泣いたから、今日は思いきり笑ったほうがいいなと思って。昨日、子どもみたいに泣いたんですよ

 と、変わらぬ流暢な日本語で笑顔を見せる。アーティスト、俳優として日本でも多くの人に愛される彼の、2日間で約2万人が集まったイベントの最終公演をキーワードでレポート。久々のイベントでマイクを忘れて話してしまう(前日は、距離感がつかめずマイクに歯をぶつける)キュートな姿と、涙の告白。

 そして、心揺さぶる歌声(ライブの定番「楽しむ準備OK?」のかけ声も)。あらためて彼の魅力に触れ「やっぱり大好き」と、ときめいた2時間になった。

■ファンからのお願い

 ファンのリクエストに応え、希望の言葉をユチョンが言ってくれるコーナーでは、“お誕生日おめでとう”“10キロやせたら温泉に行って、一緒にお風呂に入ろう”のお願いが。

 カメラ目線で、それぞれに応えると会場から歓声が上がる。“誕生日”“温泉”にまつわるエピソードを聞かれ

これからの誕生日が記憶に残ってほしい。これからが大事だから」「温泉大好きです。露天風呂とか気持ちよくて、落ち着きます。(旅館の浴衣を着る? に)あれも浴衣って言うんですか?」と、驚いた表情。

 さらに、主演ドラマ『屋根部屋のプリンス』の1シーンで、ユチョン演じる皇太子が言う「オ・ム・ラ・イ・ス」を当時を思い起こしながら再現。口をとがらせながら“ス”を発音し「こんな感じでいいですか?」と客席に確認。

 続く、ドラマ『会いたい』のセリフで「トッポッキ スンデ サイダー」のそれぞれの単語のあとに“チュ”とキス顔を入れ、テレながらも再現すると会場は大盛り上がり。

正直、30代になったら、こういうのやらないでいいと思ってたんですが……。みなさん変わらないですね(笑)」と、うれしそうな笑顔。

■抜群のトークセンス

「全員、見えますよ。(会場からの“え~”に)どういう意味ですか? (みなさん)スッピンじゃないでしょ(笑)。かわいいです。相変わらずキレイだし、年もとっていない(笑)

 と、会場を沸かせる。初日のイベント前夜は1時間しか眠れなかったというユチョン。イベント後にどれだけ眠れたかを聞かれると、

「(夜)1時くらいに寝て、9時に起きました。よく眠れました。(会場から拍手が起きると)これ、うれしいことですか?(笑)」。

 そのあとのコーナーで、前日にファンと再会できたことで「本当に久しぶりに眠れたんです。ありがとうございます」と感謝を。