店の前には複数の花が手向けられ、キリさんの人柄がわかる

「(容疑者は厨房で働いて)表には出ないんです。優しくて、まじめでおとなしい人です。お母さん思いで、小さいころからお手伝いをするような子。親子で楽しそうに話をしながら買い物に行く姿なんか、まるで夫婦みたいって近所でも評判だったんです」

 近隣住民がそう伝える長男の野中学容疑者(49)と被害者の母親、野中キリさん(76)の様子。福井県警によれば、容疑者は13日午前2時ごろ、母親を刃物のようなもので殺害。同日、殺人罪で現行犯逮捕された。

「仲のいい家族でしたよ」

 事件現場は、JR福井駅から車で10分ほどの場所にある人気そば・うどん店。1階が店舗で、2階が自宅。母親はそこにひとりで暮らしていた。

 おろしうどんがおいしかったと語る近所の主婦は、

「あのお店はうどんが有名で、おいしいんですよ。そうめんよりも太くて、(他店の)うどんよりも細くてモチモチしているんですよ。のどごしのいい麺です。

 土日なんかは他県からもわざわざお店にやってくるんですよ。平日でもお昼どきは混んでいます。なので、品切れで早めにお店を閉めることも多々ありましたね。それくらい人気のあるお店でした

 5台分の駐車スペースは昼どきにはあっという間に埋まり、道路沿いに車が並ぶこともしばしばだったという。

 5年くらい前に亡くなった夫とキリさんが40年以上前に始めた店。家族ぐるみの付き合いだったという女性が、店の歴史を教えてくれた。

「最初は現在の店から100メートルくらい離れたところにある長屋を借りて営業していました。(容疑者の)学さんが中学生になるときに、移転したんです。お姉さんがいてね、両親が商売をしているからか、姉弟は仲がよかった。

 学さんは地元の中学を卒業後、定時制高校に通いながら日中はお店の手伝いをしていたんです。高校卒業後はずっと、お父さんとお母さんと学さんで切り盛りしていました。お姉ちゃんも手伝っていたんですけど、結婚して家を出ました。仲のいい家族でしたよ」

 今年1月、町内会の新年会でキリさんに会った30年来の近所付き合いという男性は、

「人と打ち解けるのがうまいというか場を盛り上げるのがうまいというか、そういう人でしたね。接客も丁寧でした」