左上から時計回りに、山田孝之、鈴木亮平、小栗旬、山本美月、桐谷美玲、菊地凛子

「“佐藤健、そろそろ高校生きびしいんじゃないか”って話をされたら、実際に28歳なので、それを言われるとぐうの音も出ないわけです」

 3月11日、人気漫画を実写映画化した『いぬやしき』のイベントに、主演の木梨憲武らとともに出席した佐藤健。今作で佐藤は28歳にして高校生を演じている。

「今作の主人公は初老のサラリーマン。味のある芝居をする木梨さんですが、それだけでは画的にも客寄せにも心もとない(苦笑)。せめて対峙する高校生役に名のある華やかな俳優を、とのねらいが見えます。

小栗旬は31歳の高校生

 そこでアラサーに差しかかった佐藤さんに白羽の矢が立ったのでしょう。そう、ドラマでは視聴率、映画では興行の面として、人気と実績のある“大人高校生”は不可欠な存在なんです」(映画配給会社関係者)

 '08年に放送されたTBS系ドラマ『ROOKIES』に出演、当時は18歳と適齢だった佐藤。10年たった今も高校生役を演じることになったが、ほかにも20代、さらには30歳を過ぎた“大人高校生”が重宝されている。

「代表的なのが小栗旬でしょう。ちょうど20年前の15歳時には反町隆史さん主演の『GTO』('98年フジテレビ系)で、相応の生徒役を演じましたが、以降も20代で『花より男子』('05年TBS系)、『花ざかりの君たちへ』('07年フジテレビ系)、映画『クローズZERO』('07年公開)など、20代にして多数の高校生を演じました。“永遠の高校生”の名を欲しいままにしていました」(ドラマ制作関係者)

 20代半ばになり、ついに“卒業”したのかと思いきや、'14年のドラマ『信長協奏曲』(フジ系)で31歳にして返り咲いたのだった。ドラマ評論家の成馬零一氏が、そんな高校生役事情を解説する。

「ドラマや映画を含めた日本のエンターテイメントにおける、漫画原作の特殊性というものが関係しているのだと思います。学園ものやヤンキーものなど作品は多々ありますが、ほとんどが原作は漫画で、モデルが絵になるのです。

 例えば身体の鍛え方ひとつとっても、すごく強い実在しえない高校生を演じるわけで、実年齢の中高生が演じるとあまりにも幼く映ってしまうのです。それこそ妻夫木聡さんの『愛と誠』は昔の漫画ということもあって、現代よりもずっと大人っぽく描かれた高校生ですからね」

 たしかに小栗や東出昌大らが出演した『クローズ』シリーズのように、筋骨隆々のヤンキーアクションをこなすには成長過程の10代では役不足か。漫画は完成された理想の少年少女が多いだけに、心身ともに安定した成人のほうがイメージに合うわけだ。