香取慎吾

 香取慎吾とアンタッチャブルの山崎弘也が出演していたフジテレビ系『おじゃMAP!!』が、2018年3月28日に最終回を迎えた。ラストは番組のテーマでもあった依頼に応えて2人が視聴者の家を訪問、お茶の間からの賑やかな生放送となった。

 前々から香取が「ぜひとも笑って見届けてほしい」と発信していた通り、作りもBGMも終了の湿っぽさをあまり感じさせない最終回だったが、その中で印象に残ったのは、番組の最後に香取がカメラに向けて言った「フジテレビありがとう!」のことばだ。

 同じくこの春に終了となった『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)や『めちゃ×2イケてるッ!』(同)に比べれば、『おじゃMAP!!』の歴史は6年と短い。しかしそれでも香取がこの番組で「フジテレビありがとう」という思いの深いメッセージを残し、それが視聴者にとってもどこか印象的だったのは、彼のルーツである国民的アイドルグループ・SMAPとフジテレビの深い縁ゆえだろう。

フジテレビとSMAP、26年の“黄金期”

 実は“フジテレビへのSMAPメンバーのレギュラー出演”はこの2018年3月まで、26年間にわたり、途切れることなくずっと続いていた。

 そのスタートはバブル崩壊から間もない1992年4月まで遡る。当時、歌番組の消滅で知名度拡大に苦しんでいたSMAPが、必死の思いでレギュラー出演を獲得したのがフジテレビ系のバラエティ番組『夢がMORI MORI』だ。

 なかなか芽の出なかった時代、「SMAPをコメディアンにしたい」という周囲のひらめきから生まれた番組は、最高視聴率19・4%を記録する人気番組に成長し、全国にSMAPの存在を知らしめる大きなきっかけとなった。

 そしてバラエティジャンルでの才能開花にともない、1994年4月、当時まだ10~20代の中居正広と香取慎吾を抜擢したのが、やはりフジテレビ系で放送されていた『笑っていいとも!』