仲子容疑者の自宅ベランダには洗濯物が干されたまま

 自宅寝室で妻の啓世さん(66)の首を絞めて殺害した仲子茂美容疑者(69)は、妻の遺体を軽自動車の助手席に運び、島根県に向かった。

 殺害現場は山口県下松市の県営住宅。向かった先は、そこから直線距離で約60キロ離れた島根県益田市内だった。

「妻の首を締めて殺した」と夫

 親族から出されていた行方不明者届に記してあった同型の軽自動車を、島根県警の捜査員が発見。助手席の倒されたシートに、亡くなった啓世さんが横たわっていた。

 山口県警下松署は3月23日、仲子容疑者を殺人の疑いで逮捕した。

首を絞めて殺したと話しており、容疑を認めています。なぜ島根県まで車で移動したかについては、被疑者の内心に関わることですから控えさせていただきたい」

 と捜査関係者は口をつぐみ、

「裁判では、そこが(量刑の)争点になるでしょうね」

 と何らかの理由が存在していることを認める。

 あるいは思い出の地で自らも命を絶ち、無理心中を完結させようとしたのだろうか。

 犯行時刻は3月21日未明。同じ棟に住む70代の女性が、大きな物音を聞いていた。

「深夜0時過ぎ、ドスンって何かを落とすような大きな音がしたんです。いま思えば、遺体を落とした音だったんやろうな。(遺体を運んだと思われる)エレベーターは、いまも怖くて乗れなくて……」

 近所の80代女性が「背が小さくてガッチリした日本男児って感じやった」と証言する仲子容疑者が、「背が高くてスラッとしてきれい。お化粧もちゃんとして、身なりをきちんとする人」(同女性)という啓世さんの遺体をひとり、真夜中に自宅から運び出した。

 司法解剖の結果、死因は頸部圧迫による窒息死。争った形跡はなかった。就寝中の啓世さんの首を、仲子容疑者が絞めて殺したとみられる。