松下優也 撮影/森田晃博

ホセはすごくまじめでピュアな男だと思う

 現在上演中のミュージカル『Romale(ロマーレ)~ロマを生き抜いた女 カルメン~』。花總まりさんが宝塚時代に演じたカルメンを18年ぶりに演じていることでも話題だ。相手役ドン・ホセを演じる松下優也さんも、今まで演じたことのない役柄で新たな魅力を見せている。大阪公演を前に、松下さんに作品の魅力やホセ役について、稽古場での裏話などを聞いた。

「僕は台本を読むのに、いつもけっこう時間がかかるんですけど、今回はバ~ッとスラスラと読めて。“カルメン”という題材が、これだけ長く愛されている理由がわかった気がしました。すごくシンプルな話で根底にあるのは“愛”なんですよね。愛って、人類が誕生したときから延々と続いているものじゃないですか。そこには時代も国や人種の違いも関係ない。だから、たぶん見てくださる方にも共感できる部分がたくさんあると思うんです」

 ザ・ミュージカルという作品をやってきていない自分に、ホセ役のオファーが来たときは、びっくりしたという。ホセという男の人物像を聞いてみると─。「すごくまじめな人なんだと思います。だからこそカルメンへの思いもまっすぐで、ピュアゆえに落ちていってしまうみたいなところを、僕はすごくホセから感じるんですよね」

 演じるうえで大切にしたいと思うことは?

ホセはカルメンにいちばん翻弄される男なんで、それがしっかり芝居に出せたらいいなと思いますね。いろんな状況に対する感情の揺れだったり。ミュージカルなので歌とか音楽のこととか、もちろんテクニック的な部分で必要なことがたくさんありますけど。お芝居をちゃんとやることによって、僕はすべてが埋まっていくと思うんです。

 そのうえで気持ちだったりを表現するものに対して歌ったほうが、伝わるんじゃないかと。情熱的な部分だったり心の中にあるピュアな部分を大切にしていれば、歌の表現はいい意味でどうにでもなるんじゃないかっていうふうに思うんですよね。だから、ミュージカルということを特に意識せずに、僕はホセとして人間対人間の物語をちゃんと演じたいと思ってます」