「CDを見ても、この人、誰だろう? 眉毛が濃いお兄さんがいるなぁって(笑)。本当に実感がわかないですね」

 コンサートでは髪の毛をシルバーに染め、アグレッシブなパフォーマンスを見せるヴァイオリニストの式町水晶(しきまち・みずき)。彼が3歳で脳性まひと診断され、両上肢機能障がい(6級)、両下肢機能障がい(4級)のある障がい者と気づく人は少ないだろう。

式町水晶(21)

壮絶な病気といじめを乗り越えて

両手、両脚のまひ以外に、腎臓糖尿、網膜変性症、飛蚊症、肺動脈弁及び大動脈弁狭窄などと診断されました。なので、楽譜を見ることはできません。それでも、ステージでは座らず立って演奏するというのが彼のこだわりなんです」

 そう話すのは、ここまで水晶を女手ひとつで育てた母・啓子さん。生後2か月で夫と離婚してからは、シングルマザーとして働きながら、プロのヴァイオリニストを目指す息子を一身で支えてきた。

 そんな母子の努力が実を結び、4月11日にはキングレコードより待望のデビューアルバムが発売される。だが、ここまでの道のりは、決して平坦なものではなかった。

シングルマザーで貧しい家計の中、ヴァイオリンという高貴な世界に飛び込んだものの、彼の身体のまひはひどくなり、目の病気や内臓疾患もあり、何度も挫折と奮起を繰り返してきました。

 小学6年生のときには凄惨ないじめがあり、今も彼に大きな傷を残しているんです」(啓子さん)

 いじめでヴァイオリンをも辞めようと思った11歳のころ。そんなときに出会ったのが、ポップ・ヴァイオリンの第一人者である中西俊博氏だ。

「コンサートで見て、絶対にこの先生に習いたいと思ったんです。レッスンは情熱的で、気づいたら4時間も5時間もレッスンしてたことも多かったですね。肉体的な疲労ははんぱじゃなかったですが、先生はいじめられたときも親身になって励まし抱きしめてくれました。

 こういうヴァイオリニストになりたいというより、こんな人になりたい。本当の意味で憧れの人です」(水晶)

 ヴァイオリンの師だけでなく、人生の師でもある中西氏とは、今回のデビューアルバムで共演している。

照れながらもデビューへの思いを語る水晶(左)と啓子さん(右)親子

ずっと前に、本格的にデビューするときは自分が作曲した『メモリー・オブ・モーメント』でデュエットしてくださいって約束していたんです。

 レコーディングはすごく緊張して、短時間で終わったのに10時間、弾いたくらいの疲労度でしたね」(水晶)

 メジャーデビューを果たし、プロとしてスタートラインに立った水晶。だが、そんな彼を身近で支えてきた啓子さんが一昨年からがんを患っていることが昨年、わかったのだ。