好きな・嫌いなコメンテーター1位の座は誰に!?

 テレビをつけて情報番組を見ていると、政治経済、社会問題を語っているのが、なぜかタレントたち。最近とくに多い“タレントコメンテーター”だけど、的を射た話をする人もいれば、なんだか鼻につく人もチラホラ。

 今回は、女性300人に好きなコメンテーターと嫌いなコメンテーターを1人挙げてもらい、双方の上位5人をピックアップ。アンケート結果と識者の意見をもとに点数は編集部で採点しました!

梅沢登美男が2冠達成

 好きなコメンテーターで1位となったのは、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)や『ノンストップ!』(フジテレビ系)など、現在引っ張りだこの梅沢富美男

「辛口で周りの人がなかなか言えないことをズバッと斬り込んで発言するので好感が持てる。何を言ってもなぜか憎めない」(47歳/パート)

 ズバッと辛口がいいという意見が多かったが、実は梅沢は嫌いなコメンテーターでも1位に。メディア論に詳しい法政大学の稲増龍夫教授は、

「梅沢さんが特徴的なのは、無難なことを言わないところですね。なにかに対して、“それは大変ですね”などの当たり障りのない発言をするのではなく、意外性のあることを発言されています。

 ただ、彼もプロなので、これ以上言ったらマズいというラインは理解されているはず。ギリギリの範囲で意外性のあることを言うことが魅力であると同時に、煙たがられもするのでしょう」

 また、自らもコメンテーターとして多くの番組に出演する漫画家の倉田真由美さんは、

「梅沢さんの意見って典型的な“年配男性”の意見なんですよね。“よく言った!”っていう人もいれば、“何言ってんの?”という人もいる。意見が分かれるようなことをハッキリ言うので、この順位になるのは納得ですね」

“雰囲気勝ち”の博多華丸

 続いて好きの2位に入ったのは、『ゴゴスマ』(CBCテレビ)にコメンテーターとしてレギュラー出演している博多華丸。そこでの活躍からか、4月からは『あさイチ』(NHK)の2代目キャスターに抜擢された。彼のコメントがいいという意見はほぼなく、

「柔らかな物腰で視聴者をなごませてくれるから」(43歳/パート)

 というように、彼の性格的な部分が高評価に。『TV大人の視聴』などの著書があるライターの吉田潮さんは、

「『ゴゴスマ』では、人気の石井亮次アナウンサーのボケに対して、ボケ返してあげたり、そっと優しく支えるように出演していますよね。女性は、自分の言いたいことをバーッと言う人よりも、そういった優しさに魅力を感じる人も多いですからね。

 けっこう顔は“黒い”と思うんですけど、それも得ですよね。重大な事件とか凶悪な事件のときに神妙な面持ちができる。コメンテーターで面白いことを言っているかっていわれたら、ノーなんですけど(笑)」