ブログやツイッターで婚活指南が好評を得ている、ライター・仁科友里さんの連載「仁科友里の必殺! 婚活仕事人」。番外編となる今回は、嵐・二宮和也との交際報道が世間を騒がせる伊藤綾子を考察します。

伊藤綾子

  ◇   ◇   ◇  

 ジャニーズ事務所に所属するタレントと、交際、結婚することは、難しい。

 これは、特にジャニーズファンでない人でも知っている、国民的常識でしょう。

 例えば、ジャニーズとの恋愛や結婚の難しさと言うと、マッチこと近藤真彦と中森明菜の例が思い出されます。もともと明菜がマッチのファンだったそうですが、映画『愛・旅立ち』で共演し、交際に発展。マッチが明菜のマンションへバイクのヘルメットをかぶったまま通う姿を写真週刊誌に撮られたことで発覚します。

 言わずとしれた超トップアイドルの恋を、ファンが認めるわけはありません。人気者の二人は歌番組で一緒になることも多かったのですが、『ザ・トップテン』(日本テレビ系)に登場した明菜に、マッチファンが「帰れコール」を浴びせたのを見た覚えがあります。

 交際しているだけでこうですから、結婚などされたらファンが激減する可能性はあります。となると、事務所は交際や結婚を認めるわけはありませんし、事務所ににらまれたら自分の仕事に差しさわりがありますから、ジャニーズのタレントが二の足を踏むのも致し方ないのかもしれません。「百恵さんのように結婚して引退したい」と公言していた明菜ですが、二人の恋は、明菜の自殺未遂という最悪の結果で幕を閉じます。

 それでは、ジャニーズは絶対結婚できないのかと言えば、そういうわけではないのです。マッチは30歳の時に、一般人の女性と結婚しています。となると、ジャニーズ事務所は「結婚は相手とタイミングによっては、許さないわけでもない」と考えていると見ることができるのではないでしょうか。一般人のカップルもタイミングは大事ですが、ジャニーズのタレントの場合、二人のタイミングだけでなく、「事務所に許されるタイミング」を計ることが必要になります。女性側の結婚願望が強かった場合、ストレスになることは間違いありません。