『好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズ2018』アンケート(『週刊女性PRIME』で2018年2月26日〜4月7日に実施、有効回答数は合計20483件)にたくさんのご協力ありがとうございました。

 アンケートで“好きなジャニーズのメンバーが持つ武勇伝や、来世まで語り継ぎたいエピソードがあれば教えてください”という項目を作ったところ、素敵な回答が多かったため、編集部で抜粋し紹介させていただきます!

※なお、真偽の程は編集部で分かりかねますので、回答いただいたコメントは基本的に原文のまま掲載しています。(文字遣いや表記は修正)

【グループ愛&メンバー愛編】

北山宏光

「やっぱり二階堂くんとの殴り合いのケンカでしょう! デビュー前、まだジュニア時代、いきがって燻っていた二階堂くんに“そんな態度でつづけるのならキスマイ辞めちまえ。何か言いたいことがあるならちゃんと話せ!”と殴り合いのケンカをしたという北山くんのエピソード。あれがなければ今の自分はいなかった、と二階堂くんがいうくらい語り継がれてるエピソードです。後日、二階堂くんの父親からも“あの時は殴ってくれてありがとう”と感謝されたとのこと。北山くんの男気とメンバー思いの優しさが伝わってきます」(女・44歳・パート)

 そして“国民の元カレ”とも言われているらしい彼ならではのエピソードも。

「コンサート中、アリーナ横道の最前に“抱き捨てて”と書いたうちわを持った女性が積極的にうちわをアピールするが、本人は別の方向にいるファンにファンサして通り過ぎてしまう。アンコールも近くに来たが、通り過ぎてしまう。アンコールの後、挨拶を終えバックに戻っていく北山くんに、女性が半ば諦めながら呼ぶと、北山くんが振り返り、うちわをジッと見つめた後、ガシッと掴むかのようにエアハグし、その女性の反応を見る事も無く全く振り返りもせずに颯爽とローラーでバックに戻っていった。倒れ込むファンと【抱き捨て】ていった北山くんを見て、あの子も私ももう北山沼から抜け出せないなと悟った」(女・23歳・アルバイト)

玉森裕太

「コンサートの演出とはいえ、メンバーと結婚式を挙げたのは宮玉だけ。ヲタクの需要をよく知っているし、ソロ曲で白い世界を体現した作品は素晴らしくセルフプロデュースに長けている」(女・47歳・会社員)

 ちなみに玉森さんが嫁のようです。

堂本光一

「若い頃の光一さんは剛くんを宝物のように大事にしていて必死に守っていた。30代になったころから互いに大人の距離感を持つようになったが、剛さんが突発性難聴を発症し仕事に困難が生じた時、やはり光一さんは必死に剛さんとKinKi Kidsを守ろうとがんばっていた。変わらないなと思った」(女・37歳・専業主婦)

堂本剛

「『関ジャム』出演時、KinKi Kidsの楽曲を作るときは光一さんに歌わせたい歌詞を書いていると言い、また光一さんも剛さんに歌わせてたいメロディーを作っていると言ったこと」(女・32歳・会社員)