撮影/森田晃博 スタイリスト/小島竜太 ヘアメイク/車谷 結(ラフテル)

 2001年に公開されフランス映画『アメリ』。パリのモンマルトルを舞台に、空想好きなちょっと変わった女の子の日常と恋をチャーミングに描いた心温まるロマンチックコメディーで、「観る人みんなが幸せになる」と日本でも大ヒット。女子を中心に“アメリ”ブームを巻き起こした。

僕の中の女性的な感覚がわかった(笑)

 その映画を基にして、昨年ブロードウェイで上演されたミュージカル『アメリ』が、早くも日本初上演。元AKB48の渡辺麻友さんがヒロインのアメリを演じる。

 アメリが恋する不思議な青年ニノを演じるのは、2・5次元からグランドミュージカルまで舞台で引っ張りだこの人気俳優、太田基裕さん。

このお話をいただいて、初めて映画を見たら、僕の中には女性的な感覚がけっこうあるんだなってことが、すごくはっきりわかりました(笑)。映像全体の色味の感じとかテイストも好きですし、物語の女子的な目線のエピソードにも共感できたりして。

 アメリの好きなことで“クレーム・ブリュレのカリカリの焼き目をスプーンで割ること”っていうのが出て来るんですけど、“あ!それわかる“って(笑)。

 それと、生き方に不器用な女の子が、いろんな人と関わりながら成長していく姿が繊細に描かれているところが魅力的で、愛おしく感じましたね

 意外に女子力が高いらしい太田さんが、ミュージカル『アメリ』の世界でどんなキュートな姿を魅せてくれるのか期待が高まる。