遺体が見つかった住居兼店舗。雑収入目的か与野党4政党の議員のポスターや自販機も

「ご自宅の庭側の窓のところに、100匹ほどハエがたかっていたんですね。特にニオイはしなかったんですが、室内で何か起きているんじゃないか、これは異様なことだと思って110番通報したんです。しばらくおうちの方も見ていなかったし……」

 と近所の主婦は話す。東京都東村山市富士見町で4日午前11時ごろのことだった。

遺体に目立った外傷はない

 すぐさま警視庁東村山署の署員1人が駆けつけたが、1階の入り口はすべて施錠されていたため、署員は消防署に通報。消防車と救急車が出動し、消防隊員が1階の庭側とは反対側の窓をこじ開けて室内へ入った。すると─。

「救出に立ち会った夫に聞いたところ、ご夫婦おふたりとも亡くなっていたと。おひとりは男性か女性かもわからないほどひどい状態まで腐敗していたそうです」(同主婦)

 警視庁によると、発見された男女の遺体は身元確認中。死因なども捜査中という。

 週刊女性の取材では、亡くなったのはこの住居兼店舗「佐野屋菓子店」の店主・佐野栄治さん(90)とその妻・たき子さん(82)とみられる。

遺体が見つかった住居兼店舗には淡い色の花(切り込み)が手向けられていた

「遺体に目立った外傷はなく、事件性をにおわせる証拠は確認されていない。捜査当局は、室内にあったレシートなどから2月下旬以降に死亡した可能性が高いとみています」

 と全国紙社会部記者。

 今度は近所の70代男性が説明する。

「中学生のころからあの駄菓子屋さんに通ってお世話になっていました。おじさんは毎日、シャッターを開けて、そこでイスに座ってずーっと新聞や本を読んでいたけれど、しばらく姿を見かけないなとは思っていたんですよ。警察によると、おじさんは閉まっていたシャッターの手前でイスに座った状態で亡くなっていたとか

 一方の妻・たき子さんは、足などが悪くて入院していると思われていたが、

「おじさんが家の中で面倒をみていたんですね。奥さんは布団の中で亡くなっていたようです。おそらくは、おじさんが先に心筋梗塞や脳出血などで突然死し、面倒をみることができなくなって、奥さんが後を追うように亡くなったんでしょうね」(同男性)

 と推測する。