'15年4月に行われた還暦ライブでは、熱唱して会場を沸かせた

「自宅に帰ってきた西城さんの亡骸は、死んでしまったとは思えないほど、すごくきれいな顔をしていたみたいですよ。病気で亡くなったりすると、やせ細ってしまったりもしますが、突然でしたからね。苦しむこともなかったそうです」(芸能プロ関係者)

 5月16日の午後11時53分、西城秀樹さんが亡くなった。先月25日に自宅で家族と過ごしているときに、突然意識を失い、横浜市内の病院に緊急搬送されていた。

 彼は倒れる直前まで元気な姿を見せていたという。3年前から通っていた、都内にあるリハビリジム『フリーウォーキングメディカル』総院長の大明龍八氏は、そのときのことを振り返る。

最後にうちに来たのは4月25日ですね。5月2日まで予約が入っていたのに来ないからどうしたんだろうって思っていたのですが……

 西城さんは'72年3月に『恋する季節』でデビュー。

 '74年の『傷だらけのローラ』や'79年の『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』が大ヒット。俳優としての活躍も記憶に残る。

「'74年に放送された『寺内貫太郎一家』(TBS系)シリーズで演じた主人公の長男役が大人気に。同年に公開された映画『愛と誠』では主演を務めました。また、'73年から

  '85年まで放送された『バーモントカレー』のCMでは、“ヒデキ、感激!!”のフレーズが大流行しましたね」(スポーツ紙記者)

 歌謡曲の枠にとらわれず精力的に音楽活動を続けたが、'03年と'11年に脳梗塞を発症。万全の状態ではなかったが、ファンの前に立ち続けた。

「'15年には還暦ライブ、'15 〜'17年は、同窓会コンサートなどで年間に70〜80か所を回っていました。今年は少しスローダウンして、体調を整えようと思っていたようです」(前出・芸能プロ関係者)

 残念ながら、今年の4月14日に栃木県足利市で開かれた同窓会コンサートが最後のステージとなってしまった。